みんな大切な人です。
2007年05月04日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

「ニコニコ動画」に取って代わった
YouTubeの動画に字幕を付けられる新サービス「字幕.in」。

「ニコニコ動画」は複数人がコメントを付けられるため
コメントを書く側にとっては、気楽に好きなことを書けるが
反面無責任に 汚らしく祭り状態になるケースも多かった。
「字幕.in」は、1人の投稿者によりひとつの作品として完結するため
責任感のある質の高い字幕が多い。
また、海外向けの「subtitle.in」サービスも始まり、
世界規模でのアクセスが始まっているようだ。

「subtitle.in」。

これらのサービスを作ったのは矢野さとるさん(25)。
矢野さんは、サービスポータル「satoru.net」の管理人で、
個人で運営するサービスは50以上。

彼といい YOUTUBEのチャド・ハーリーたち。
彼らを見てると WEB2.0時代の今、新しい時代が来ていることを
つくづくと感じる。
その昔 ビル・ゲイツが弱冠20歳でマイクロソフト社を
スティーブン・ジョブズが22歳でアップル社を創設し
今につながる 斬新なるPC時代を作り上げた。
今 また新しい若者たちの アイデアの時代が来ている。

「ネットは遊び場」――「字幕.in」を1人で作る25歳・無職

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック