みんな大切な人です。
2007年05月22日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

最近のあまりに身勝手で 倫理観を欠いた犯罪の数々。
・三菱UFJ行員、就活女子大生にわいせつ行為
・悪口に腹立て少女の小指切断

そして
・長年の暴行の挙句「デリヘルで稼げ」 鬼畜義父ら逮捕
 大阪府警生活安全特捜隊などは19日までに、
 16歳の少女に売春させたなどとして、職業安定法違反容疑などで
 少女の義理の父親(49)、児童福祉法違反容疑で同区末広町の無職男(38)と
 その妻(39)の3人を逮捕した。
 少女は同27日から3日間売春させられ、その後、都島署に訴え出て発覚した。

 少女は母親の再婚で一緒に暮らすようになった義理の父親に
 10歳から性的暴行を受け続け、中学卒業後に家出。
 アルバイトしながらマンションを借りて暮らしていたが、
 今年2月ごろから生活が苦しくなり、義理の父親から
 「デリヘルで稼いでこい」と言われ、すぐに無職男らに引き渡されたという。


いい年をしたおっさんやおばさんがこれなんだから
子どもに教育なんて出来る訳無いわ。
社会的な地位も出来る40歳前後にして こんな動物的本能のまま、
理性・自己抑制・道徳心のかけらもない大人たちの中で
どうして子どもに 倫理感を教えることが出来る?

        
いつからか わからない。
けど日本の教育は 道徳・倫理など 理性ある人間として当り前の心を軽視し、
単に権利の自己主張ばかり教えてきた。

権利を主張するなら そこに付随する義務も果たさなければならない。
しかし 自由の権利を教えながら
面倒かもしれない(反発を受ける)義務を教えなかった結果、
義務は果たさない、けど権利だけを主張する身勝手な日本人が増えた。
そして 自分の主張する一方的な権利が通らないと
短絡的に暴力に走る人間を量産してきた。

戦後まもなく 貧しい暮らしの中で子育てした最初の親たちが
自分の子どもたちには!と 第一次過保護世代を生み出した時代。
その優しい愛情溢れる親たちに育てられた 権利主張の強い世代が 
親になったにも関わらず 自分たちの楽しみ、権利主張を主張し続ける。
そしてその結果 権利に伴う義務を教わらない子どもたちが
更に自己主張、自分本位の権利主張だけに磨きをかけたしまった結果なのか?

        

どうしたら 修正できるのだろうか?
権利を主張するには 義務が発生するのだ。
この当り前のことを 誰が教育するのだ?
いい年をした大人を 今さら 教育も出来ないだろう。
犯罪を犯した人間を 捕まえるだけだ。

しかし子どもたちがそうなっていくのは 食い止めないといけない。
国家レベルで対策が必要だ。それも緊急に。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
shokoは子ど
shokoは子どもを教えるとおもってるのかー♪
2007/05/22(火) 14:33:22 | URL | BlogPetのchoko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック