みんな大切な人です。
2007年05月27日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

自分たちのすぐそばに ミサイルを打ち込まれながら
それでも北に擦り寄る 韓国政府(と言うより盧武鉉大統領)。
あ~理解できん!!!
まるで 理不尽な最低男に 金をせびられ、暴力を振るわれながらも
この人を理解できるのは私だけなの。」と健気そうに耐え
どれほどボコボコにされても必死ですがり続ける 頭の悪い女のようだ。

北ミサイル発射は1発 さらに発射も…韓国報道 IZAニュース
 韓国の聯合ニュースは26日、韓国政府当局者の話として、
 北朝鮮による25日の短距離ミサイル発射は
 日本海に向けた1発だけだったと報じた。
 同当局者によると、北朝鮮は24日、ミサイル発射のため
 日本海と黄海上の漁船の航行を禁じる措置を取った。
 しかし黄海側では統制がうまくいかず、ミサイルを発射しなかったようだ。
 ただ別の消息筋は、北朝鮮が黄海上での航行禁止措置を解除しておらず、
 今後新たに発射する可能性もあると指摘した。

北朝鮮がまたも、日本海に向けて短距離ミサイルを発射した。
今回の北お得意の軍事示威行動は この日行われた、初の韓国製イージス艦
「世宗大王艦」の進水式を意識してのようだ。
海軍力がぜい弱な北朝鮮が このイージス艦に対して
非常に脅威を感じている証拠だ、と 北朝鮮問題の専門家らは分析している。
去年の夏 北のミサイルに対して 北よりも日本非難に終始した盧大統領。
北には何も言わず、日本には非難ごうごうの盧大統領 朝鮮日報
 盧武鉉大統領は、北朝鮮のミサイル発射(5日)について
 6日ぶりに、スポークスマンを通じて語った。
 盧大統領はこの日、大統領府で金槿泰議長ら与党ヨルリン・ウリ党指導部らと
 夕食懇談会を開いた。その席上で北朝鮮のミサイル発射に関連し
 「いくら考えても理解できない。
 ミサイル事態後の北朝鮮の核の状況管理に多くの困難が生じた」
 と語ったと、鄭泰浩(チョン・テホ)大統領秘書室スポークスマンが伝えた。

つまり 北朝鮮がそんなひどいことを韓国にするなんて 信じられないらしい。
更に北朝鮮の攻撃は日本の脅威から発生したと 話題をすり替え日本非難に終始。
 更に盧大統領は
「日本の政治指導者たちの先制攻撃発言などで、新たな状況が発生した。
 日本の態度は独島(日本名竹島)の教科書掲載・靖国神社参拝・海底地名登録問題
 などにも表れているように、北東アジアの平和に尋常ではない事態を
 もたらし得る。退きたくても退けない状況」と述べた。

 「政権発足時から韓半島(朝鮮半島)でのあらゆる形態の武力使用を
 排除するため、ひたすら努めてきたが、ミサイル発射や
 日本の先制攻撃発言などで障害が生じたのではないかと心配している」

今回も ミサイル発射を韓国大統領府は「事前に知っていた」だと。
 韓国政府は25日、北朝鮮の短距離ミサイル発射に関し、
 「政治的な意図はなく、事前に知っていた」と発表した。
 青瓦台(大統領府)の関係者はこの日、edailyの電話取材に対し、
 「今回のミサイル発射は、毎年4回ほど定期的に行われている訓練であり、
 事前に知っていた」とし、
 韓国に脅威を与えるための訓練ではないことを強調した。
 「南北関係を壊しかねない政治的・戦略的な意図をもって行った訓練ではなく、
 政治的な解釈は必要ない」と付け加えた。


ふ~ん、すぐそばにミサイルを打ち込まれることを知っていたって?
なのに 黙認してた?
バカか?この人は。
いや本当にバカなんだろう。
韓国国民は 恥ずかしくないのか?こんなお馬鹿な大統領を祭っていて。

僻みっぽい身勝手・自己中の暴力亭主「北朝鮮」に 
いつかきっと一緒になってね、と 全ての屈辱を耐え忍び
彼の犯罪にも目を瞑り 悪いのは彼に悪いことをさせた人(国)と
被害国を非難する 情けない女のようだ。
あ~、情けない!!!

そして イラク対策で失敗したライスさんの点数稼ぎで
北朝鮮に擦り寄っているアメリカ。
何も約束を守らせないまま、制裁を解除して 更にはこんなミサイルまで発射。
舐められたもんだね、アメリカも。
さあ どうするんだろうな、アメリカは。
とことん死に体に向かっていくのかな、ブッシューライス路線は。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック