みんな大切な人です。
2007年06月28日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

ほんの数日前 しばらくお休みのお知らせをしたのだけど
このニュースを立て続けに見ちゃったら やっぱり黙ってられない。

慰安婦決議案、米下院外交委が可決 -IZA!ニュース
 米下院外交委員会は26日、慰安婦問題に関する対日非難決議案を原案を
 一部修正のうえ、39対2(欠席9)の賛成多数で可決した。
 民主党だけでなく共和党議員の多くも賛成したことから、
 下院本会議に上程されれば、採択されるのは確実とみられている。
 民主党ラントス委員長は
 「米国の大切な同盟国である日本が、過去に起きたことに
 正直に責任を負おうとしないことに当惑する。
 日本の公式謝罪拒否は、友情を評価する者にとって憂慮すべきことだ」
 と述べた。
 反対した共和党の次期大統領候補のポール(テキサス州)と
 タンクレイド(コロラド州)の両議員は 法案の内容ではなく、
 同委員会が過去の歴史問題を判断するのにふさわしくないとして反対した。

なんで?
ちゃんと歴史も検証しないで どうして感情に任せて 他国の首相への
謝罪要求が決議できたりするわけ?
反対した議員たちが行ってるように 過去の歴史問題、
それを真偽も確かめないで。

こういう手法で イラク攻撃→戦争に走ったのか、と思うと
なんだか ぞっとする。
そして 同じ議会で、コソコソとこんな決議もしたそうだ。

台湾、ウイグル問題でも決議案可決
 米下院外交委員会は26日、台湾要人の訪米規制撤廃や、
 ウイグル人女性人権活動家の親族釈放を求める決議案を可決した。
 ウイグル問題とは、在米の著名活動家、ラビア・カーディル氏の子供が
 中国で投獄されている問題で、身柄の即時釈放を中国政府に要求している。
 外交委は同日、慰安婦問題での対日非難決議案を可決したが、
 中国に対して刺激的な2決議案も同時に処理された形だ。

こっちは現在進行形の大問題。

前にもいくつか書いたけど そもそも、この従軍慰安婦問題
根拠が希薄。
 ・大揺れの慰安婦問題
 ・なんでだ~!?

もしアメリカが 本気で世界の警察を自認してるのなら
こんなくだらない過去の問題を 今更議会で取り上げるより
中国、政府さえ関与しているウイグル地区への侵略行為や
ロシアの非人道的暗殺行為、そして北朝鮮の国際的誘拐行為を非難すべきだろう。
しかし 実際はアメリカはそんな立派な国ではなく
ただ自国の利益だけを考えて 平気で裏切りもする国なのだ。
そんなアメリカを信じ頼ってきた日本が馬鹿だったのだろうー。
しかし・・・

ヒル米国務次官補、米中韓朝会合の提案 -IZA!ニュース
 米ヒル次官補は、2005年9月の「共同声明」に沿って、
 朝鮮半島の恒久的な平和体制を話し合うために
 米国と北朝鮮、中国、韓国による4者会合も開催を提案した。

ここまでくると 裏切りどころか日本を疎外し無視する方向にでたと
思わざるを得ない。
中国・北朝鮮への急激な接近、それが経済的なことからなのか、
単に国内で支持率低下の歯止めが利かない ブッシューライスーヒルズ
短絡的な子どもじみた戦略なのか、わからない。

が ひとつ言える事は もうアメリカは信じてはいけない
日本は 独自に自衛手段を持ち、独自に信頼できる仲間国を作り
独自に経済活動を進めなければいけない。

アメリカは バカ息子のブッシュになってから 子どもじみた国になった。
目先の利益に走り、自己防衛のために 真実を隠し他国へ戦争を仕掛け
嘘を積み上げ その場しのぎを平然と行う破廉恥な国に落ちた。
日本はそんな国に振り回されてはいけない。
美しい国作りなどより 自己完結できる国作りをして欲しいものだ。

【追稿】
北朝鮮が日本海にミサイル発射

北朝鮮が27日午前11時半ごろ(日本時間同)、
咸鏡南道の沿岸部から日本海に向け
射程約100キロの短距離ミサイル1発を発射した。



アメリカを手玉に取った北朝鮮。好き放題だわね。
あ~、悔しい!ほとんどの日本国民がそう感じてると思う。
もう アメリカなんてほっといて 日本は早急に自衛の手段を講じるべき。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック