みんな大切な人です。
2007年06月30日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

「もし世界が100人の村だったら5」
今日6月30日21時より。
今回で5回目。

毎年見るたびに 科学万能を誇るかのような
宇宙旅行さえ現実のものとなっている現代社会で
なんとも言えない理不尽な責め苦を
こんな小さな子どもたちが 負わなければならないことに
ぶつけようのない憤りと無力感、切なさを感じる。

「もし世界が100人の村だったら」テーマ曲
Isn't she lovely - スティービー・ワンダー

Click!視聴できます。

いじめ社会の真っ只中にいる、日本の子どもたちに是非見てほしい。
私たちは、一体何をしているのだろう。
私たちに、何ができるのだろう - 考えてほしい。

【募金ダイヤル】 0990-588-883
【受付期間】 6月30日(土)21時~7月15日(日)24時 

世界子供白書2007
~女性と子ども~ ジェンダーの平等がもたらす二重の恩恵


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>スノーマン
コメントありがとう~。
マニカ、切ない。
すごく切ない。
まだ 12歳なのに なんで?って思う。

親の責任、大人の責任、国の責任。
未来を生きる子どもたちは 守ってあげたい。
でも守れない、悔しい、腹が立つ。

毎年これを見ながら無力な口ばかりの自分に
苛立ちながら 涙もろくなってる。(ーー;)
2007/07/01(日) 01:16:49 | URL | shoko #-[ 編集]
マニカ
マニカが弟たちの面倒を見ていくことに覚悟を決めたことには本当に頭がさがりました。

そして、自分が今、毎日食べていけること、普通に生活できることに感謝しています。
我が家も、父を早く亡くし、母が病弱で姉に生計を支えてもらっていた時が
あつたことを思い出しました。

フィリピンには、まだまだこういう
子供達がいるんだね。
1日も早く、こういう子供達が
1人もいなくなる社会ができればと
思いました。



2007/06/30(土) 23:34:25 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
いろいろな人がいる
世界中にはいろいろな子供が
大変な思いをして、それでも
元気よく生活している。

日本だって、今の若者達のうち
派遣で働き、そして、住む家がない
人たちがいる。
国内にも、生活に困窮した人たちが
いるんだよね。

貧富の差がついてしまい、まじめに
平凡に生活できなくなつてきている
社会ができているものね。
2007/06/30(土) 22:14:20 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック