みんな大切な人です。
2007年07月30日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

自民党惨敗を受けて 安倍首相の退陣を求める声が
日々大きくなっているようだ。
けれど 私は安倍首相はやめる必要はないと思う。
今回噴出した年金問題にしろ 金と政治にしろ
全部 歴代の自民党幹部たちの責任でしょう。

もし安倍首相の責任があるとしたら 内閣補佐官たちに
浅はかな目立ちたがりばかりで固めたこと、その結果脇が甘くなった。
でもその甘さのおかげで ここにきて膿がぼろぼろ表に出てきた。
これだって 昔ながらの自民党の狸オヤジなら のらりくらりと
もみ消されちゃってるところでしょう。

首相、融和より「純化」目指す IZA!ニュース
 「歴史的惨敗」にもかかわらず、安倍晋三首相が続投を選択したことで、
 政界は波乱含みの展開となる。国会は当面、衆院は与党が
 3分の2以上の議席を維持する一方、参院では野党が多数を占めるという
 「ねじれ現象」が続く。さまざまな「ねじれ」が顕著となれば、
 政界再編へと突き進む可能性もある。

 首相がまず取り組まなければならないのは、体制立て直しに向けた
 党役員人事と内閣改造で29日夜のテレビ出演でも、
 「当然、そのことも考えないといけない」と強調。

 その際、首相がどのような基本方針で人事に臨むかが重要で
 党内のベテラン議員は「挙党態勢で自民党を再建し衆院選に備えることが
 一番大事だ」(古賀誠元幹事長)などと、「党内融和」を求めている。
 つまり首相に近い人材ばかりを登用する「お友達内閣」は
 もう許されないということだ。

今回の自民党惨敗は やはり内閣メンバーが一番の問題だったと思う。
軽はずみな言動・自党の失策を認めず 他党ばかりを攻撃する卑怯さ、
自分たちに有利に作った法を盾に 国民への情報公開を断った驕り。
そんな言動を助長させ、失策に失策を重ねていった バカ補佐官たち。

こんな未熟者ばかりを採用した安倍首相の見る目の無さが
まず大きな間違いの元なのだが 自分の給与も返上し
真摯に国民に理解を求めようと努力を重ねる安倍首相の横で
何もせず ただの一議員のごとく自分たちの主張ばかりしてきた
仲良しクラブの補佐官たち。

あのライブドアのホリエモンにしろ 村上さんにしろ、
彼らの失敗の原因は 己の知識と斬新な知恵におぼれ
年長経験者の知恵を謙虚に拝借しなかったことだ。
安倍首相やその内閣も 今、同じ間違いを犯している。

ただ彼らは一企業人である。
しかし安倍首相は この国の運命を担っている政治家なのだ。
その責任は 甘かった、では許されないものだろう。

今回の惨敗を反省点に もう一度内閣人事を見直し 厳しい目を持つ
助言者を補佐官に選んで 日本の将来を考えて欲しいと思う。
特に アメリカが北朝鮮に急接近の今、日本は近隣アジア諸国からも
立場を軽んじられ アメリカからは今更ながらに慰安婦問題で叩かれ
唯一保ってきた経済力・技術力でも 国のバックアップがないために
世界から遅れを取り始めている。

小泉内閣で バカの一つ覚えのように少子化対策・男女参画。
子どもを生めよ、増やせよ、と まるで戦時中のような
メディアと一丸となった宣伝、国民が白けるのを横に
ますます高齢化が進み 未来に暗雲の立ち込める日本となった。

もう今は少子化を認め 高齢化も認め
その中で 労働環境を見直すべきなのだ。

先日も平均寿命が 男性78歳、女性85歳と発表された。
生まれてから20歳までが無収入、その後20~60の40年ほどを働き
定年60歳の後18~25年がまた無収入になるのだ。
年数で言えば 20+25=45年を 働いている年数40年で賄う、
しかし実際は子どもが減り続け、年寄りが増え続ける。
故に 現役労働者たちの負担が増えるばかりなのは当たり前なのだ。

ならば 60歳以上も働けるようにするしかない。
そのためには 大都市一極集中を止めて 地方分散すべきだろう。
海外からの労働力の導入、ただ価格競争に明け暮れるのではなく
技術力向上のための研究にこそ 国のバックアップが欲しい。
そして 日本を貶めること無い 堂々とした外交を展開して欲しい。

公務員の言い訳やくだらない絆創膏問題に明け暮れる政治はいらない。
世界の中の日本を誇れる 堂々たる政治をして欲しい。






関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック