みんな大切な人です。
2007年08月16日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

な~にをこんな、バカなこと!
過剰反応、どころか 呆れて物も言えない。
学ラン、格好いいじゃないの! なんで戦争想起なの?

誰だったか忘れたけど 以前、フランスの有名デザイナーが
何故こんな素晴らしいデザインを学生服だけにしておくのか?と
勿体無がったほどの 日本独自の素晴らしいデザインなのよ。
それを変にこじつけた投書にビビッて 学ラン封鎖だなんて・・・。

「戦争想起」に過剰反応?
 第89回全国高校野球選手権大会で、16日に佐賀北と引き分け
 再試合を行った三重県代表、宇治山田商業の野球部応援団が、
 県大会決勝まで続けてきた学ランと「日の丸」の鉢巻き姿での応援を
 甲子園で“封印”していたことがわかった。
 「戦争を想起させる学ランは不適切」との投書がきっかけで、
 県高野連と同校が協議し、急遽トレーナー姿での応援に変更した。
 同校では「大会中に終戦記念日もあるため配慮した」としているが、
 OBなどからは「過剰反応なのでは…」と反発の声も上がっている。

過剰反応、どころか 馬鹿げてる!


 関係者によると、同校は7月の三重県大会決勝まで、
 応援団の男子生徒ら11人が黒い詰め襟学ランに、「必勝」と書かれた
 日の丸鉢巻き姿で応援。
 このスタイルは昭和53年の第60回選手権大会で甲子園に
 初出場したときから続けてきたもので、同校の普段の制服も詰め襟という。

 ところが、今年の県大会決勝後、「学ランはもともと海軍の軍服。
 高校野球という舞台で戦争を思い起こさせるのは不適切だ

 などと指摘した投書が県内の別の高校に届き、県教委が同校に連絡。

 同校と県高野連が協議し、県高野連が「やめておいた方がいいのでは」
 と助言し、同校も白地に校名の入ったトレーナー姿に改めるとともに、
 日の丸の鉢巻きも取りやめることを決めたという。

 一方、学ラン姿の応援を続ける今夏の甲子園出場校の一つ、
 今治西(愛媛)の応援団顧問、青木孝之さん(39)は
 「わが校は代々引き継いでいる制服なので違和感はなく、
 今後も変更するつもりはない。宇治山田商は少し気にしすぎなのでは」
 と話していた。

投書をする方もする方だけど それを気にして「やめておいた方がいい」
などとのたまう高野連も情けない。
それにこの発言についても 何やらあっちこっちで微妙に言い回しが違う。

◆学校側の校長は
 「熱中症の心配もあり取りやめた方がいいと以前から思っていた。
 高野連からは、あくまでアドバイスをいただいたと思っている」。
◆それに対し 三重県高野連理事長は
 「甲子園出場前に学校と協議の場を設けたのは事実。
 ただ応援の仕方を説明する中で、『暑いのでやめた方がいい』と話しただけ」。
◆しかし同校の応援団やチアリーダーらは
 「学校側からは戦争をイメージするたからダメだと言われた。
 学ランで汗をかくことで、グラウンドの選手と一体になれたのに…」。

まあ いいけどさ、毎度のことだし。
事が大きくなると 責任逃れからか、ちょっとずつ自己防衛を交えて話す。
学校長や高野連など、上に立つ人たちがこれだから 情けないんだけどね。

ただ 学ラン、日の丸の鉢巻、一体何が悪い?
そんな投書くらいで ビビるなよ!
学ランは日本の伝統ある、誇れる学制服であり、日の丸は国旗でしょう。
それを身につけたら戦争想起、だなんて 言いがかりも甚だしい。
例えそんなこと言われても 何が悪い!と言い返せよ!!!
振り回される子どもたちは迷惑だわ。

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック