みんな大切な人です。
2007年09月30日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

対中国・ロシアで動き出した アメリカのマス・メディア。
米中で錯綜する非難と期待 ミャンマー問題 IZA!ニュース
 反体制デモを弾圧したミャンマー軍事政権への対応をめぐり、
 米国内で中国への風当たりがにわかに強まっている。
 米主要紙は武力行使の懸念が強まった25日ごろから、
 最大都市ヤンゴンなどの情勢について厳しい論陣を張っている。

 同日付のワシントン・ポスト紙は
 「ヤンゴンで惨事が起きた場合、ブッシュ大統領は米国として
 中国の責任を問い、2008年五輪をほごにする結果を
 招きかねないことを明らかにせよ」と訴えた。
 流血が現実のものとなった後の同紙社説(27日付)は
 中国のほかロシアにも触れ、
 「彼らが政権の残忍な弾圧に青信号を灯した」と糾弾した。

やっと動き出したか。

スーダン、ネパール、ミャンマー、南アなどへの 中国の武器輸出が
その地の内紛・人権侵害・虐殺を助長している事実。

中国はその自国の利益を守るために これら地域の圧制に対して
国連が制裁を加えようとすると いつも拒否権を行使してきた。
これをアメリカなどの先進国は これまた彼らの利益も絡んで
長い間黙認してきた。
 ただ その中国の言い分にも一理あり
 急速に民主化するとミャンマー社会が混乱し、
 かえって人々の暮らしが悪化する可能性がある。
 民主化が全て良いわけではなのだ。

今回ミャンマーは ガソリン値上りに対して底辺層にある
国民の不満が限界に来たことから 僧侶たちが立ち上がった。
アメリカ政府が マス・メディアに押されて重い腰をあげ
中国などへの国際的非難を始めた。
そういう意味では アメリカのマス・メディアはまともである。
政府に意見し 動かす力を持っている。

それに比べると 日本のマス・メディアは何をしているのだろう?
日本人である長井氏が殺害されて 初めて報道。
日本の報道は 世界を見ていない、
国内とアメリカの都合の良いところだけ 報道している。
それも情報操作がかなり目立つ。

報道機関は自分たちの役目を忘れないで欲しい。
ミャンマー弾圧 ネット武器に亡命市民たち IZA!ニュース
この記事のような真実の報道が 本来マス・メディアがすべき責務であるのに
政府や企業に慮って 情報操作するなど もっての他。
今一度 自分たちの本来の仕事を 見つめなおして欲しい。

 【9月26日 AFP】英国のデービッド・ミリバンド外相は25日、
 反軍政デモが拡大するミャンマーについて、
 民主化リーダーで自宅軟禁下にあるアウンサンスーチーさんが
 同国の「正当な」指導者になることを望むとの明言した。

このスーチー女史も 意見がいろいろと分かれるところのようだ。
ミャンマーの大嫌いなイギリスの手先といわれ 国民に人気がない、
自宅軟禁状態と言っても、一般のミャンマー国民から比べたら
王族の様に贅沢な生活だという。(まあ王様も娘だものね・・・)
イギリス友好各国では 当然のごとく彼女はヒロインに祭り上げているがー。

この辺りも もう少し現地発信の話を聞いてみたい。
子どもの頃からイギリスで英才教育を受けた
イギリス人スパイを亭主に持ったお嬢様に
本当にイギリス嫌いのミャンマー国民は期待しているのだろうか?
彼女にミャンマー国民のための政治が 本当にできるのだろうか?

ミャンマー民主化をめぐる駆け引き  2003年7月8日  田中 宇
 スーチー自身、イギリスがミャンマーを混乱させるために
 送り込んできたエージェントだという見方もある。
 (逆に そもそもスーチーの父親で国民的英雄だったアウンサン将軍を
 1947年に暗殺した黒幕は1962年のクーデターで政権を乗っ取った
 ネウィン将軍(昨年死去)であり、その後40年も続く
 ネウィンの暗黒支配を終らせ、父のかたき討ちと救国のため、
 アウンサンの娘スーチーが祖国に戻ってきた、という見方もある)

民主化が全て良い、というわけではないだろう。
ブータンなどのように 独裁国家でもその国の実情を踏まえ
国民が幸せに生活できれば それが一番良いのである。

ただこれだけは言いたい、マスコミは偏った報道をやめて欲しい
情報操作をやめて欲しい。
今回のミャンマー報道では ネット上も全て 
「軍事政権が悪い」「アウンサン・スーチー解放を」一色になった。
長井さんの死亡報道の前は 賛否両方の冷静な意見が
たくさんあったのに マス・メディアの偏向報道により
まるで日本こそ軍事国のようにみんなが一斉に
「右向け右」になってしまっている。
これが一番 恐ろしいことなのだ・・・


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>LEFT さん
コメント&情報、ありがとうございます!

本当ですね、びっくりしました。
それも10万近い人たちが 難民としているなんてー。
正しい情報って いったいどこにあるのでしょう。
なんだか 情けなくなります。 (-_-;)
2007/10/29(月) 21:03:53 | URL | shoko #-[ 編集]
>ブータンなどのように 独裁国家でもその国の実情を踏まえ
>国民が幸せに生活できれば それが一番良いのである。

全くもって日本の報道は真実を伝えません。「ブータン難民」で検索してください。貴方もしっかり右を向かされていますよ。
2007/10/29(月) 04:48:24 | URL | LEFT #-[ 編集]
>スノーマン
今回の長井さんの事件は なんだか私は
胡散臭く感じて仕方がないの。

どうして あんなにタイミングよく撮影されているのか、
何故ずっとカメラが彼を追っていたのか、
何故 前から打った兵士は サンダル履きだったのか
(国軍なら軍用の靴を履いているらしいから)。

なんだか 僧侶のデモに乗じて 民主運動家たちが
民主クーデターを起こすために 雇われ兵を使い 
日本人ジャーナリスト長井さんを襲わせ
それによって世論を動かそうと利用したのでは?と思ってしまう。
あまりに出来すぎててね。

2007/10/09(火) 00:40:45 | URL | shoko #-[ 編集]
国がミャンマーに対してどういう対応をしていくのか
しっかりみていこうと思っている。
経済制裁だけがいいとは思っていないけれど
きちっと、抗議ができないと、以前の北朝鮮や
中国との弱腰外交と一緒になってしまうと思う。

日本人ジャーナリストの死をきちっと
謝罪してもらいたい。
そう思います。
2007/10/09(火) 00:16:53 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
>スノーマン
コメントありがとう。
日本のマスコミは 情報操作することによって
世論を操作してる。これがとても怖い。

>スーチー女史の夫がスパイだったとは
ごめん、これ確証はないの。

ただ スーチーさんがイギリスからミャンマーに戻って
いきなり民主化をぶち上げた時から
ご主人である教授を通して イギリス政府の思惑が
かなりスーチーさんに入ってる、と一部で言われていた。
これが ご主人スパイ説のようです。
もしかしたら 反スーチーさん側の噂かも知れないけど。
2007/10/08(月) 18:14:57 | URL | shoko #-[ 編集]
同感です。
民主化だけがいいとは限らない。
今の状態での民主化は危険との
意見もあるしね。

スーチー女史の夫がスパイだったとは
これまた初めて聞きました
驚いたなー
2007/10/08(月) 12:23:14 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
きょうshoko
きょうshokoと、交際したよ♪
だけど、演説するはずだったの。
2007/10/01(月) 13:18:09 | URL | BlogPetのchoko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック