みんな大切な人です。
2007年10月11日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

安倍さんの退陣から 約1ヶ月(9月12日退陣表明)。
マスコミの集中砲火を浴びた退陣劇だった。
しかし今 落ち着いて考えて見ると 安倍さんはアメリカによって
退陣するようにジワジワと仕向けられていったのでは?と思える。

        

まずは遡って、安倍さんが首相に就任したばかりの時のこと。
通常、日本の首相は 就任直後、訪米してアメリカ大統領と会談、
そこで 日米仲良しをアピールするのが恒例なのだけれど
安倍さんは ブッシュ氏から「忙しいから」と拒否されたということだ。
思えばこの時から アメリカによる安倍おろしが始まっていたのだろう。


安倍さんは 美しい日本を掲げた。
美しい日本の中には
①教育によって 自国を誇れる人間に育てよう、
②自衛手段を 出来るだけ自国で持とう、
③強い日本を目指す、拉致を曖昧に終わらせない、

など盛り込まれ 日本人が日本国民であることを
誇れる強い日本を目指そうとした。
戦後GHQによって刷り込まれた
WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)

徐々に日本人の頭から払拭すべく その第一弾として教育再生を謳った。

アメリカは それが気に入らなかったのだろう。
拉致にこだわる事も アメリカの思い通りにアジアを動かすためには
邪魔なことだったのかもしれない。
安倍さん就任直後から このシナリオは動き始めていたようだ。

首相就任直後の恒例・訪米・会談の申し入れ拒否。
そして その後おバカ議員たちの失言、不手際。
まるで 安倍さんを辞めさせよう、追い詰めようとするかのような
あまりに続く 失言や失策の数々。
あの松岡氏自殺の経過も 釈然としないまま 風化しつつある。
彼が最期まで真相を隠し通したのは もしかしたら・・・。

        

歴史を振り返ってみると アメリカの言いなりだった首相が
長く政権を維持してきている。
決して彼らが優秀だったわけではない。
ただ見えないところも含めて アメリカが援護してきたということだ。

前首相の小泉さんは 長年のアメリカの懸案だった郵政民営化
医療制度改革、ホワイトカラー・イグゼンプションをぶち上げ、
外国株でのM&Aを認める会社法改正、労働者派遣法の規制緩和など。
それまでの首相たちが ぐずぐずと抵抗し引き伸ばしていた
日本の労働市場弱体化を狙ったアメリカの要求を 全部受け入れたのだ。
マスコミはその小泉さんを持ち上げヒーローに仕立てた。

その逆、当初国民的ヒーローだった田中角栄さんの退陣。
アメリカに仕組まれた ロッキード事件。
マスコミにも叩かれ 最期はボロボロ、泥まみれのような退陣だった。

        

安倍さんは 事件こそ仕組まれなかったが(と思うが)
安倍さんの人の良さを利用して
周りからじわじわと追い詰められていってしまった。
そして アメリカ下院での慰安婦問題非難決議。
極めつけは アメリカの北朝鮮大接近による、拉致被害者、無視行動。

安倍さんの主張してきた アメリカとの対等な対話は遮られ
安倍さんは心労から体を壊し ボロボロになってしまった。
アメリカは 日本と対等には なりたくなかったのだろう。
WGIPを まだ有効に使いたいのだろう。
だから 日本が強くなることを拒否したのだ。

安倍さんを非難し この主張を押し潰したマスコミは
あのWGIPを容認し 自国を誇れる国民を育てるチャンスを消したのだ。
これは 日本の将来にとって 大きな後退なのである。
マスコミの罪は大きい。

※WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)
敗戦国日本に乗り込んできたGHQが仕掛けた洗脳プログラムWGIP。
それは日本人に「大東亜戦争は人類に対する犯罪行為であった」という罪悪感を無理矢理植え付け、日本古来の精神文化を奪う犯罪的プログラム。


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>スノーマン
コメントありがとう~。
>世界の国を相手にするには安倍さんは弱すぎた。

確かに真面目すぎた、けど ブレインが悪かった。
これは安倍さんの見る目の無さでもあるけど。

ただ 今回の安倍さんの退陣は なんだか
あの田中角栄がアメリカによって下ろされた時と同じで
なんだか胡散臭い。

>おざわさんが強気に出れば、逆に手のひらを返すような
態度もアメリカはとるものね

さあ、どうだろう。
所詮は野党の党首だしね。それほど重要視してないかも。
ただ 小沢さんは老獪で裏で動くから アメリカはそこは
警戒してるだろうな、と思う。
今回の不動産疑惑も そこからかもよ。
2007/10/17(水) 00:25:52 | URL | shoko #-[ 編集]
こんにちは、またまたお久しぶり

世界の国を相手にするには安倍さんは弱すぎた。
まじめで一生懸命やつていれば、世界に通用する
ものでもないしね。

おざわさんが強気に出れば、逆に手のひらを返すような
態度もアメリカはとるものね
海千山千の諸外国の人たちを相手にするには
したたかさもなければ、やつぱりつとまらないと思うけどね
どうでしょうか。



2007/10/16(火) 22:33:59 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック