みんな大切な人です。
2008年01月23日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

久しぶりに代理出産についてのニュース。

代理出産は「原則禁止」、国の管理下での研究に道残す - 読売オンライン
 夫婦が妻以外の女性に出産を依頼する代理出産の是非について、
 日本学術会議の「生殖補助医療の在り方検討委員会」は
 18日、代理出産を新法で原則禁止すべきだとする報告書素案を提示した。

 素案では、代理出産は代理母と生まれてくる子どもに対し
 身体的・精神的に重大な影響があると指摘。
 子宮を病気などで失った女性にも子どもを持つ権利を
 保障すべきだという主張があることを認めつつも、
 「一部容認は全面解禁へとつながる『アリの一穴』となることも危惧される
 として、法律によって禁止することを妥当とした。
 一方で、素案は、将来的に、代理出産の試験的実施の可能性にも言及した。

至極 妥当な決定だろう。
特に 一部の容認が「アリの一穴」になる危険、ここを本当に慎重に考えて欲しい。
子どもが持てない、だから欲しい、といった自分のための欲の問題ではなく
そこで生まれてきた子どもにとっては 一生に関わる問題なのだから。

        
これに対して 代理出産を認めさせることが まるで自分の
ライフ・ワークのように考えている向井亜紀さんが また吼えた。
向井亜紀さん「代理出産、禁止でいいのか」 学術会議素案にブログで反論 IZA!
 日本学術会議の検討委員会が「代理出産を新法で禁止する」との
 報告書素案を議論していることについて、タレントの向井亜紀さんは22日、
 自身のブログで「法律による禁止までしていいのか」と疑問を投げかけた。
 向井さんは「学術会議への質問状」と題し、11項目にわたって反論を展開。

 素案が代理母や子どもへの悪影響を懸念している点について、
 「科学的根拠はない」などと批判。
 子供への影響の有無を調べるため、向井さんの子供たちや、
 代理出産で子供を得た、他の夫婦らに聞き取り調査をするよう提案した。
 素案が海外での実施も処罰対象としていることについては、
 「厳格な手続きの下、代理出産が認められている国で代理出産を行った人を、
 処罰する根拠を示してほしい」などと反発した。

        

この人は やはり相当、頭が悪いようだ。

まず 子どもへの身体的・精神的に重大な影響という点は
前に日本学術会議の検討委員会がこの人も含めて 聞き取り調査をした時に
国内ではすでに認められているAIDで誕生した女性が、
父親とは別の男性の精子で誕生したことを知った際の苦悩を陳述し
「適切な情報提供や相談できる環境がない現状では、やめてほしい
と述べたではないか。
ほんの半年前のことだ、もう忘れたのか?

なのに 自分の行為を正当化するために 自分の幼い子供たちや、
代理出産仲間の他の夫婦らに聞き取り調査しろ、だなんて ほんと、呆れる。
それこそ科学的、どころか ただの感情論だろう。

また「代理出産が認められている国で代理出産を行った人」と言うけれど
勘違いしてもらったら困る、ここは日本なのだ。
改めて言うまでもないが 日本では代理出産は認められていない。
日本で日本人として生活するのなら その国の法に従うのが当たり前だろう。

        

しかし 日本の真面目な研究者たちは
向井さん、あなたが自分のエゴからとはいえ
アメリカで大枚はたいて 代理出産したことをキッカケに
「代理出産について真剣に考えるべきだ」と この検討委員会を立ち上げた。
そして これまでいろんな聞き取り調査をし (向井亜紀さんもそれに参加)
医学的な意見も聞き、その結果 今回の素案になったのだ。
自分のエゴが通らなかったからって 変に屁理屈こねて
ゴリ押しするのはみっともない。

だいたい、まるで世界ほとんどの国が認めているかのように吹聴してるけど
違うでしょ? 物事の論理性を言うのなら こういうことも正確に言おう。
代理出産を認めている国は 次のとおり。

オーストラリアの一部、カナダ、ブラジル、オランダ、イスラエル、インド、
英国、米国の一部。
しかし これらの国でも ほとんどが有償の代理出産を禁止している。
そして フランス、ドイツ、イタリア、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、スイス、
その他世界のほとんどの国は禁止しているのだ

        

この代理出産は クローン同様、倫理上の問題が大きいためもあり
敬虔なキリスト教、イスラム教の多くの国が認めていない。
なのに タレントであることを利用して さも世界中が認めているかのように
毎度毎度 嘘を吹聴する向井亜紀さん。
まあ、この人は タレントとしては三流以下だし この代理出産がなければ
メディアへの登場自体 無いも同然なのだろうがー。

◆代理出産「向井亜紀」
  http://shoko3848.blog33.fc2.com/blog-entry-238.html
◆命の商品化
  http://shoko3848.blog33.fc2.com/blog-entry-291.html
◆再度 代理出産の環境を考える
  http://shoko3848.blog33.fc2.com/blog-entry-329.html
◆なんとまあ 身勝手なすり替え論理 -向井亜紀-
  http://shoko3848.blog33.fc2.com/blog-entry-328.html


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
shokoが提示
shokoが提示するの?
2008/01/29(火) 10:07:53 | URL | BlogPetのchoko #-[ 編集]
>Hideさん
コメントありがとうございます。

いつも思うのですが なぜ出産できない女性の権利を守れ、
と声高々に叫んで 子どもが持てないことは不公平などと言うのでしょう?
生まれたときから障害を持った人も、事故で不自由になった方も
世の中にはたくさんおられます。
もし その方たちが 「こういう障害を持ったことは不公平だ」
「誰か手をくれ」だとか「足をくれ」と言ったら
それに対して 向井亜紀さんは そのとおりだと言うのでしょうか?
彼女の言ってることは それと同じことですよね。
人の命を奪ってでも 自分の遺伝子を持った子どもを持つ権利を主張してるのですから。

ああ、いやだ。(ーー;)
2008/01/25(金) 00:07:50 | URL | shoko #-[ 編集]
どんな屁理屈つけようが、代理出産は悪なのです。
金持ちの傲慢です。
最先端の人身売買です。

私はいくらスピリチュアルで向井亜紀が肯定されようと
彼女の抵抗勢力であり続けたい。
2008/01/24(木) 21:34:04 | URL | hide #/q/2XrHk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック