みんな大切な人です。
2008年02月09日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

白い恋人、赤福、船場吉兆など 有名老舗店での偽装問題、
今回の中国からの農薬餃子問題。
今 毎日のように食の安全が大きな声で叫ばれている。

その影響で 平成19年3月30日、食品、添加物等の規格基準の一部が改正。
これによって 添加物製造業者は、食品衛生法第52条に基づく添加物製造業の許可
及び食品衛生法第48条に基づく食品衛生管理者の設置が必要となった。
これ自体は仕方ないことかも知れない。

が問題は この受講費用がなんと35万円!
それも開催地は、東京のみで 開催会場までの交通費、宿泊費、食事代等は
すべてその業者個人の負担。


この講習は既に経過中であり 今更どうしようもないことなのだろうが
詳しくは 日本食品衛生協会のHPを参照に。

        

これで困ったことになったのが 「こだわりのにがり」などを細々と作ってきた
全国の「にがり」製造加工業者。
彼らのほとんどが 家族で細々と家業を営んでいる零細業者だ。
その年収200万ほどと言われる彼らに 宿泊料などを含んだら100万ほどとなる
今回の食品衛生管理者講習会を受けられるはずもない。
仮に受けられたとしても この内容たるものも にがりなどに全く関係の無い
加工食品(チューイング・ガムなど)の添加物に関することばかり。

それに対して この小さな個人業者の集まり、塩業界のHP「塩の情報室」
ささやかなお願いを試みている。
しかし 時遅くして こうしたにがり業者の多くが 食用にがりの販売を諦め
昔ながらの こだわり豆腐が 世の中から姿を消すと言う。

        

食の安全、どこまで進んでいくのか。
情報がここまで溢れる以前は 歴史ある手法で製造され食されていたものたちが
今では安全・衛生法に照らされ 排除されていく。
何かひとつ問題が起きたら その問題が起きないように 更に法規制が厳しくなる。
表示偽装は良識外のとんでも無い話だが そこから添加物などに波及してしまう
安全のための拡大規制。

こんなことを繰り返していては 中国のネットではないが、
日本人は本当に虚弱体質になってしまうのではないだろうか?
安全のための規制が 規制のための規制、と どんどんエスカレートしていく。
これもグローバル経済の恐ろしい一面だろう。



関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>スノーマン
ほんっと 久しぶり!
今年は 風邪引きました。
実はおとといまでダウンしてた。(ーー;)

転職して環境が変わったせいでしょう。
しばらくは体調管理に気をつけないとー。

コメントありがとう!
だよね、本当にピンぼけです。
もっといろんな業者を考慮した
柔軟な対応が出来ないものかな、と思う。

2008/02/12(火) 00:08:36 | URL | sofia #-[ 編集]
shokoお久しぶり。
風邪は引いていない?

にがり業者の話初めて知った。
でも、何かまとはずれのような気がする。
こういう話を聞くと、役人がずれた感覚で
新しい規制を始めているような気がして
残念です。

本当に、ピンぼけしているよね。
2008/02/12(火) 00:02:23 | URL | スノーマン #nH0dgipQ[ 編集]
>鴻さん
コメントありがとうございます!

厚労省の対応は冷淡なもののようです。
もともと こういった講習会は大企業を基準に
考えられていたようで にがり加工業者のような
零細企業は想定外だったのではないでしょうか。
しかし そこはやはりお役所仕事のため
柔軟な対応などとはかけ離れ そのまま横着にも突っ走った。

こういうことをしていると いずれ日本人の食文化自体に
支障をきたしてくるようになると思います。
頭の硬いお役所仕事、困ったものですね。
2008/02/09(土) 13:17:36 | URL | sofia #-[ 編集]
おはようございます。昨日はご訪問ありがとうございました。

35万?!、あまりにも高額過ぎます。しかも東京のみ開催。
食の安全を守るのは国の努め。
業者だけに責任を負わせるのはいかがなものでしょうか。

このような零細企業に生き残ってもらうために
私たち消費者にできることはあるでしょうか。
2008/02/09(土) 09:54:39 | URL | 鴻 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック