みんな大切な人です。
2008年05月18日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

5月12日、中国の四川で起きた 未曾有の大地震。
あまりの大惨事に 中国非難を強めていた各国も 黙るしかなくなった。
チベット大虐殺は非難されるべきこと、だが 今は5万にも上るといわれる
地震被災者たちを救うことに全力を注がなければならない。

そして 中国政府の戦略的外交なのか、援助隊の第一陣に日本が選ばれた。
それを皮切りにシンガポール、韓国と他国の支援も受け入れるようになった。

これらをどう考えるか、どう受け取るかは 人それぞれだろうが
ただ 今は人道的支援を最優先すべきだろうと思う。
そこで人が苦しんでいるのに その人たちの国の施政が悪い、と
揚げ足を取って非難していても意味はない。
そんなことをしても命のひとつさえ 救うことも出来ないのだから。

       


あの毒ギョウザ事件から チベット弾圧に続く事件の中で高まった反中感情。
この自然災害が中国政府にとって良かったのか、悪かったのか、
ただひとつ言えることは この大惨事が、世界から同情を招き 反中国の
右翼?左翼たちにも 振り上げたコブシを収めにくい状況を作っていることだ。
今も中国に関する揚げ足を取り 「だから中国は悪い」と言い続けたい彼らは
同情的なマスコミ報道や、中国民たちの感謝を信じないことによって
中国=悪を 訴え続けている。

しかし これはみっともない。
かって中国が日本を、根拠もなく非難し続け、反日暴動を続けてきたのも
ひとえに自国政府への恐怖・不満があったからだと言われている。
いくら 手のひらを返したようだ、などといわれようが
その中国国民が 日本への感謝の気持ちを表し賞賛してくれているのに
それでも中国批判をし続るのは あまりに大人気ないだろう。

これでは 振り上げたコブシを意味もなく振りまわしながら粗捜しをし続ける
そのネット右翼?左翼」と呼ばれる方々が嫌う シナ民族と同じレベルになってしまう。

同じレベルに落ちるのは止めよう。
日本は誇りある 大人の民主主義国家なのだ。

だいたい これほどの大地震に見舞われ多くの犠牲者を出している今の中国に 
反日だとかなんとか言ってる余裕なんてないだろう。
とにかくひとりでも多く被災者を助けて欲しい、その一心で
日本に媚び「謝謝」と言っているとしても 誰がそれを非難などできよう。
もし日本で同じことがあったとしても 同じことがおきるだろうし
そこに中国の救援隊が一番で援助にきてくれたら その中国に対して
感謝こそすれ 決して文句など言わないだろう。

        

はまず被災者を助けるのが 第一だ。
一人でも多くの人を助けて欲しい。
そして最低限のインフラを整え 2次災害を広げないようにして欲しい。

して第二に 今回の大地震報道では 四川大地震と呼ばれているが
これも【四川・チベット大地震】と変えよう。
四川はチベット地区のすぐ隣であり 四川にも多くのチベット民族がいる。
彼らはあの弾圧事件についで 大地震という、災難にあっているのだ。
そして特記すべきことは このチベット地区からも多くの支援が届けられていること。
つい先日、自分たちがあれほどの目に合いながらも 災害があれば惜しみなく
同胞たちに援助の手を差し伸べる。
これが ダライ・ラマ氏の教えに従うチベット民族なのだ。

三に これだけの被害を出しているのだから 北京オリンピックは中止すべきだ。
一部には オリンピックによって復興の士気をあげるべき、という報道もあるが
今回北京オリンピックのボイコット運動が広がった理由は 人権弾圧である。
この被災地で今なお苦しんでいる人々の生活が 2ヵ月半後に良くなっている
とは思えないし それらへの援助を後回しに お祭り騒ぎをするのも これ、
人権無視と言えるのではないだろうか?
日本でも神戸・新潟と被災地が元気を取り戻すまで時間がかかるのを見ている。
イベントがいけないわけではないが この時期はまだ自重すべきだろう。

それに、何も今回、中止になったからといって ずっとなくなるわけじゃあるまい、
もし復興できるのなら 次回4年後に延期しても良いではないか。
人の命を大事にしてこそ 平和の祭典オリンピックなのである。

        

私たち日本人は 非難すべきところは非難する、が 困ったときには援助の手を
惜しみなく差し伸べる心優しい民族なのだ。 今は援助第一。
振り上げたこぶしは 今はすっと下におろし、次に振り上げる時まで待とう。
そして復興に向けて中国を援助し、それをしっかり恩にきせ 東シナガス油田など
自国の利益のために どんどんと注文をつけよう。
こぶしはいつでも振り上げられるように グーをしたままで。


【追稿】
今朝ニュースを見ていたら 中国からの映像のあちこちで
中国国民・中国の報道記者などが 政府批判をしていた。
これまでは 北朝鮮と同じで表立った政府批判など 見たことがなかった。
これまで溜めていた不満が この災害で一気に吹き出てきたようだ。
もしかしたら 本当に中国は これを期に変わるかも知れない。
国民から自然と湧き上がってくる批判を 中国政府が押さえ込まないことを
心から願う。 あの天安門事件のような弾圧が2度と起きないように。



関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
>Hideさん
Hideさんのおっしゃることは分かります。
私も中国政府は信用していません。

私が この記事で言いたかったのは
日本は冷静でいるべきだ、ということです。
この大災害で これまでの不満が爆発したのか、
中国国民は中国政府やメディアに批判を始めました。
国民が動き始めた、と思うのです。

なのに 日本がそこで相変わらず中国批判をしていたら
いくら自分たちも不満な国とはいえ、自国批判は面白くない。
そこを逆転のチャンスとばかりに、中国政府は愛国心を
あおって反日運動を展開するでしょう。

そうなってはいけないのです。
日本は中国国民の政府批判をうまくサポートして
中国政府を内から改革に向かわせるべきなのです。
私たちは大人です。

2008/05/19(月) 19:33:29 | URL | sofia #-[ 編集]
>日本も阪神大震災当初 海外援助をお断りしました
そうですね。事実です。
大阪府の消防車が入っていったら
ホースの規格が合わなかったなんて事もあったような・・・

ただ、後々出てくる事実
中国政府の自作自演パフォーマンス等を検証していくと
どうしても勘繰ってしまうんですよね・・・。
2008/05/19(月) 00:47:51 | URL | hide #/q/2XrHk[ 編集]
>Hideさん
コメントありがとうございます!

>この地震で
>「ザマーミロ」
>と思っている人達はウヨではなく
>只のネットストレス鬱憤晴らしの方々です。
私もそう思います。
しかしながら そのような方が結構おられるんですよね。
それじゃあ あの反日暴動をあおった
中国の低レベルなネット人たちと同じになってしまう。
私はそれがすごく嫌ですね。
日本人はもっと冷静で賢い民族だと思っていますから。

ただ今、報道でも 少しずつ思い出されていますが
かって日本も阪神大震災当初 海外援助をお断りしました。
あまりに混乱し情報が錯綜し受入れ態勢が整わなかったからです。
Hideさんが言われるような思惑もあったとは思いますが
中国も同じような状況だったのかも、とも思います。

2008/05/18(日) 10:41:12 | URL | sofia #-[ 編集]
ポイントは、あの震災地は
中国の強烈な格差社会の底辺地で有る事。
だから中共政府は最初他国の援助(軍)を拒み続けてたんですよね。
中国の暗部を他国軍の諜報機関に晒されたくないんでしょう。
腐ってるのは中共政府であって
チベット人を多く含む汶川を中心とした人達ではない。
この地震で
「ザマーミロ」
と思っている人達はウヨではなく
只のネットストレス鬱憤晴らしの方々です。

と、私は思います。
2008/05/18(日) 09:48:18 | URL | hide #/q/2XrHk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック