みんな大切な人です。
2009年01月11日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

内部留保とは
   今期の税引利益から、税金、配当金、役員賞与など
   社外に払い出される分を差し引いた、残りの部分のこと。
   企業内に留保され再投資される。内部留保には、
   商法によって積み立てることが決められている「利益準備金」、
   企業の判断によって積み立てられる任意積立金のほか、
   未処分の利益もある。


大手製造業、株主重視で人員削減 内部留保、空前の33兆円 2008/12/23
 大量の人員削減を進めるトヨタ自動車やキヤノンなど日本を代表する
 大手製造業16社で、利益から配当金などを引いた2008年9月末の
 内部留保合計額が、景気回復前の02年3月期末から倍増し 空前の
 約33兆6000億円に達したことが共同通信社の集計で明らかになった。
 集計によると内部留保の合計は、01年度末の約17兆円から
 08年9月末に98%も増加している。

 一方、08年4月以降の各社の人員削減合計数は約4万人に上るが、
 世界的な景気後退に直面する企業は更なる財務基盤の強化を優先、
 人員削減を中心とするリストラは今後も加速する見通し
 集計によると内部留保の合計は01年度末の約17兆円から08年9月末に
 98%も増加している


これがグローバリズムを助長した 小泉改革のしたこと。
(今頃大騒ぎしているメディア、反省しろよ!!!)
そして この危機を ただ傍観するだけの自民党のバカボン、麻生さん。


   内部留保_convert_20090111001550

雇用問題:与謝野氏「格差を是正」
 9日の衆院予算委員会で、企業の株主配当や内部留保が増加する
 一方で従業員給与が伸び悩む状況について 麻生太郎首相
 「企業の生産活動で得られた付加価値の分配は個々の企業が判断する
 と述べるにとどまった。 だが与謝野馨経済財政担当相は
 「『会社は株主のもの』という、私には理解できない思想が一時期広がったが、
 会社は従業員、下請け、お客様のもので、株主だけのものではない
 何兆円もの内部留保を持つ企業が時給1000円足らずの方の職を
 簡単に奪うことが本当に正しいのか、ということは当然のこととしてある」
 と現在の労働環境の抜本的な見直しが必要だとの認識を示した。


私は与謝野氏を信用していない。
しかし 今回の衆院予算委員会での発言は 例えそれが人気取りだとしても
とりあえず、ごくごく当たり前の発言をしてくれた。
それに引き換え 問題なのはこの麻生さんの発言。

国民全体が危機に向かっている時に 個々の企業の問題?
こんな時にこそ 政治力が必要なんじゃないの?
圧倒的な力が多くの国民をつぶそうとしている、今みたいな時こそ
労働者保護法などの法整備が必要で そのために政治家がいるんじゃないの?

これまでも何度も言ったけど 勘違いしてもらっちゃあ困るんだよね、
国民は政治家たちの雇用主なんだよ。
その国民の利益のために 働けよ!!!
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック