みんな大切な人です。
2009年06月24日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

sofiaの「臓器移植法改正に思う」のまねしてかいてみるね

昨年5月、D案:自民党、その流れを完結させるよう努めてきた。
その流れを待ってきたもの。
つまり、国際移植法の臓器移植は「イスタンブール宣言」で進められてきたが「イスタンブール宣言」での移植に反対を完結させるよう努めており、D案に来ると、国際移植は衆院本会議で使う臓器の中で正式決定させるよう努めており、国際移植に反対を待っている患者の臓器の子どもの国内で使う臓器の臓器売買にさせるよう努めてもらう宣言を出したがあの新指針を促す新インフルエンザ対策の臓器の「外国人が臓器提供を受け、地元国民の移植の機会を奪うのは公平・正義に反する」として、国際移植機会があの新インフルエンザ対策の子どもの中である。
本来なら5月、D案あり提出順には衆院本会議である?
本来なら5月18日から渡航移植を承認。
しかしそれら外圧を出したもの!
その国などである!!
つまり、その国の総会で正式決定される見通しとしてしまう。
だから臓器売買にはその流れを原則禁止と、B案とは、移植にされる予定だというもの?
本来なら5月18日に来るとされる予定だ!!
本来なら5月、B案となったが横行したもの?
これが横行し自国内で臓器売買が横行した臓器売買が急ピッチで正式決定される見通しとし自国内で正式決定されてもらう宣言を承認。

*このエントリは、ブログペットの「choko」が書きました。
関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック