みんな大切な人です。
2010年04月11日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

景気は持ち直してるはずなんだけどなぁ。
なのに この史上最悪の労働環境。
それに黙って耐える日本人。

あれだけ大騒ぎして 経営悪化が伝えられたトヨタなのに
 昨年8月、2010年3月期の連結業績予想(米国会計基準)について、
 営業赤字7500億円、売上高を16兆8000億円と発表したのに
 今年の2月になって、営業赤字を200億円、売上高を18兆5000億円に上方修正。
 税引き後の純損益も2000億円の赤字から800億円の黒字に好転。
時事ドットコム【自動車産業】より
結局、従業員にサービス残業を強いて、下請けを食いつぶして利益を回復。
なのに誰もそれを追及しない。

だいたい、円高で儲けてる企業も多いはず。
なのに労働環境は相変わらずひどいもの。
どこかに回っているはずの円高の恩恵も、国民に全く還元されない。
内部留保だってかなりあるはずなのに、誰もこれを指摘しない。
経団連・政治家たちに擦り寄ったマスコミに洗脳されて
これだけ我慢、我慢して、そこで生まれた利益の還元さえ要求しない。

以前は春闘だってストライキだってしょっちゅうだった。
今は労組も連合も、企業からいただける配分を有難く頂くだけ。
なんのためのユニオンなのか・・・。
この国の若者たちの権利を、私たち大人が潰してしまっているのか。

結局、日本人を骨抜きにしたWGIPは成功した。
※WGIP(http://shoko3848.blog33.fc2.com/blog-entry-255.html
けれどそれに甘んじていては、これからの若者を苦境においやるだけ。
私たち大人が、再び戦い始めないといけないと思う。




関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック