みんな大切な人です。
2005年10月26日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

こんなものなのだろうか。
インターネットで検索してみたら とてもCOOLな意見というか 冷たい。
メンデのこの本は私は真実だと思うし どうしてそれを疑う人がいるかわからない。

私がNYにいた1980年代、まだボストンでは 黒人と白人の入り口が違うレストランがあったし 人種差別がその隠された底辺にあった。
KKKの犯罪もあったし スラムに住む黒人少年が 犯罪が起きたその場にいただけで 黒人が疑わしい、と簡単に射たれる そんな事件が 当たり前にあったんだ。

良識あるアメリカ人は それを非難し嘆いていたけど 差別主義の人間は 確かにいるんだよ。
今の日本の寝ぼけたような世界にいると 信じられないばかりかも知れないけど あるんだよ、世界には現実に。
助けなきゃいけないのに。
関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック