みんな大切な人です。
2010年10月04日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

滋賀・坂本は 明智光秀ゆかりの地。
あちらこちらに 光秀の軌跡がある。

明智光秀 ―「裏切り者」「逆臣」「三日天下」
あまり有難くない形容詞がついてまわるけど
本当にそうなのかな?・・・。

SH370149.jpg  SH370151.jpg
【現在の本能寺】

527px-Akechi_Mituhide.jpg
【Wikipediaより】

実際の彼は信心深く学問好き、穏やかな人物だったと言う。
儀礼、故実に通じ、連歌や茶の湯を好む教養人。
当時の武将にしては珍しく、妻存命中はただの一人の側室も置かず
妻煕子だけを愛し抜いた。

SH370052(2).jpg  SH370124.jpg
【比叡山焼き討ちの際に急を告げるため鳴らされ続けた破れ鐘】

そんな光秀が忠義を尽くした信長は比叡山焼き討ちを手始めに
年を追う毎に残虐性は増し、次々と殺戮を繰り返していく。
比叡山焼き討ちでは、男女約3千人が虐殺され、犬までが殺された。


そして自分の妹お市の夫である浅井・朝倉両氏を完全に滅ぼし
その髑髏を杯代わりに饗宴を開き、臣下をぎょっとさせた。

SH370062(2).jpg  SH370069(2).jpg
【光秀の居城、亀岡城跡】

次に一向一揆への弾圧。
降伏してきた一向宗徒2万人を柵で囲み、老人、女性、幼児関係なく、
全員を焼き殺した。騙し討ちである。
土地に子孫を残さぬこの作戦は「根切り」と言われた。

SH370068(2).jpg  SH370067(2).jpg
【光秀が植えた木、亀岡城の城壁名残】

そして信長最悪の殺戮は越前。この地の住民全員を一揆衆と認定し、
農民でも僧侶でも見つけ次第に皆殺しにした。
その数は信長に届けられた首の数だけでも12,250とされ、総計4万人。

SH370072(2).jpg
【亀岡から京都へ続く田園風景】

そして光秀の長女・倫子が嫁いだ先の荒木村重を毛利へ寝返ったとし
裏切り者への見せしめとして、村重の一族37人を六条河原で斬首、
女房衆の120人を磔、その他女子ども若侍ら512人を焼き殺した。

そして「長篠の合戦」で落とした武田軍、武田家の墓所・恵林寺の僧が
勝頼の亡骸を供養したとこれに怒って寺を放火、僧侶150名余人を焼き殺す。

SH370087.jpg
【光秀の菩提寺 西教寺】

当初は信長の天下人たる器量を見込んで 朝廷や足利義昭とのパイプ役を
自ら買って出て奔走し、天下平定のための戦闘も率先して陣を切った光秀だが
信長は次第に悪魔となって、殺戮を繰り返していく。

SH370100.jpg
【西教寺 本堂】

光秀はこんな信長に危惧を抱き始めたのではないだろうか。
自らが天下を取るという野望よりも、信長の第一の臣下としての責任から、
自分こそが信長の暴走を止めなければならない、さもないと地獄に・・・と
自らを追い詰めて行ったのではないだろうか・・・。

SH370101.jpg  SH370125.jpg
【光秀とその一族の墓、横には妻煕子の小さなお墓が・・・】

Sh370102.jpg

SH37012901.jpg  Sh370124-1.jpg
【猿と 色づき始めたもみじ】

光秀には謎が多い。
光秀=家康に仕えた天海という説も 日光東照宮のモデルとなった
坂本の日吉東照宮が天海によって作られたことなどを見ると
あながち嘘とも思えない。

ただひとつ言える事は、歴史は常に勝者によって作られるということ。
今の時代も・・・。




関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
kazuさん(*^。^*)
いつも ありがとうございます^^。

私も歴史、苦手です~。^^
でも 歴史を調べることによって見えるものは
結局はいつの世も 人の心は同じだと言うこと。
そんなに特別にわたし達と違う人たちではないんでしょうねぇ。

ならば 人を殺して平気でいられる訳がないんじゃないか、
正義と思ってしたことが、間違っていたら、どうするだろう、って。
それによって たくさんの命が失われていたらー。

そんなことを考えて書きました^^。
2010/10/07(木) 02:15:20 | URL | sofia #-[ 編集]
fusamiさん~(^◇^)
私 歴史には 疎いんです^^;
でも ここに住むようになって
比叡山焼き討ちの惨さや 明智光秀の実像みたいなのが
あちこちから目に入ってきて 興味がでてきて。

歴史で教わったことと なんか違うなあって思うと
なぜ彼はそんなことをしたんだろう、
その時、どう感じたんだろう、と知りたくなって。
いろいろ 調べまくりました^^。

fusamiさん 歴女なんだ~。すごい^^。
いつかfusamiさんの展覧会 見にいかせてくださいね。
必ず^^。

2010/10/07(木) 02:06:20 | URL | sofia #-[ 編集]
ラビ♪さん~^^
ありがとう^^。
光秀は最後逃げる時に その地の農民に殺されたって言われてるけど
その遺体は見つかってないみたいです。
それくらいの武将が はたして農民に殺されるのか?ってことから
光秀は生き延びて 天海として家康の側近になっていたのでは?と
言われているみたい。
写真 大きくできるようにしました。^^
2010/10/07(木) 01:04:03 | URL | sofia #-[ 編集]
sofiaさん、こんばんは。
ボクは歴史にも疎いのですが、こちらのエントリーで勉強させていただきました。
それと添えられた写真、どれもよいですね。
特にヒガンバナ越しに門を撮ったのが好いなぁ~(^^)

歴史は勝者によって...今でも...
見に詰まるお言葉です。
インターネットメディアが何か出来るでしょうか。。。^^
2010/10/06(水) 23:21:45 | URL | kazu-m #mQop/nM.[ 編集]
こんばんわ~

Sofiaさん いつもコメントありがとうございます
歴史とか お好きですか~
今 歴女ブームですよね
明智光秀に関しては 私もいいイメージを
持ってますよ
最近はNHKの「竜馬伝」にはまって
見ております
2010/10/06(水) 21:58:46 | URL | fusami #z8Ev11P6[ 編集]
こんばんは。
私はこの時代の歴史に疎く、信長の行ってきたこと・・・初めて知りショックです。
信長・秀吉・家康・・・
みんな名将だったんじゃぁ?
歴史は、勝者によって作られる・・・んですね。
味わいのある写真の数々。もう少し大きき見たかったです~。
2010/10/06(水) 21:21:24 | URL | ラビ♪ #mxdmXl.w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック