みんな大切な人です。
2005年12月21日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

<大阪姉妹殺害>山地容疑者。

5年前に母親を撲殺。そして3年の少年院を経て仮出所。
その2年後の 「血が見たかった。」という犯行。
犯罪によって性的興奮を覚える性倒錯者。
なぜこんな子が出来たのか。

彼が小さい頃、父親はアル中で 母親が必死で働いたお金を
全部酒代にしていたらしい。
そして その父親が亡くなり 母と子ふたりでの生活。

中学の頃は新聞配達もして 家計を助けていたとのこと。
そして卒業後16歳の頃、母親の借金、自分への干渉で
カッとなって母親を撲殺。
その撲殺中に 性的興奮を覚えて 射精したという。
そして 前回の犯行時の興奮が忘れられずに
今回の犯行にいたった。




なぜ少年院は3年で 仮出所させてしまったのだろうか。
一部には発達障害とも 見られていたらしいのに。
親に十分な愛情を 与えてもらえずに育ってしまった 怪物君。

「処遇困難な少年増えた」と73%の教官。
じゃあ なぜそんな子を、これほど短い期間で出所させるの?
少年であろうが このような再起不能な犯罪者は 出してはいけない。
新たな被害者を作ってはいけないのだ。

彼も生まれたときは 無垢な可愛い赤ちゃんだったのだろう。
環境が親殺しに育て 良心の欠けた人間にしてしまった。

少年に限らず 犯罪者の再犯率の多さは 今の刑法が
今の犯罪の多様化に対応できなくなっていることを
示しているんじゃないだろうか?
しかし こういう人間は 2度と社会の戻してはいけない。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
ほんとにね、幸せにならなくちゃ。
年末は久し振りに家族全員揃うのよ、
今でも充分幸せなんだと思う、ありがとう。

2005/12/22(木) 20:33:22 | URL | nekobus #-[ 編集]
>toshiさん
いいね、それでいいのよ。
親に愛されて育ったら この子もこんなことはしなかったんじゃないかって思う。

>nekobusさん
こういう愛情不足で 生きることだけに必死できた子は ちゃんと厚生施設で 愛情の大切さ、命の大切さを教えて欲しかったなあ、って思います。
3年は短すぎる。彼にとっても周りにとっても。
記憶が生々しすぎるから 受け入れてもらえないよ。

nekobusさんも たいへんだったから。
でも ちょっとずついい方向に向いてきてるみたいだし、良かったよね。
これから もっともっと幸せになっていきましょうよ。
2005/12/22(木) 19:21:59 | URL | shoko #-[ 編集]
この一年ほど自分のことで精一杯の余裕のない生活でした。
好きだった新聞もテレビも見ることが出来なくて。。。
でもshokoさんのブログに出会って心に風がスーッと通って、
周りの出来事が少しずつ気になり始めました。
shokoさんありがとう、あなたはやはり素敵です。

2005/12/22(木) 09:51:40 | URL | nekobus #-[ 編集]
私自身、そう恵まれた子供時代をすごしていないから、
親を斜めに見ながら育ったであろう少年の幼い頃が不憫。
子供は親を選べないから。。。
でも不遇な環境で育っても立派に生きてる人もいる。

この事件でいちばん重要だと思うのは、
なぜ少年院は3年で 仮出所させてしまったのだろうか。

少年院の中での矯正はどうだったのか。
なぜ3年で仮出所を決めたのか。
出所後の少年に対する保護はどうだったのか。
少年たちが更生する手助けをするべき保護制度。
殆どがボランティアに頼っているのが現状らしい。
一昔前ならそれでも通じる社会だったかもしれないけど、
これだけ犯罪が多様化してるんだから昔のままじゃ無理よね。
2005/12/22(木) 08:51:59 | URL | nekobus #-[ 編集]
どこかしら歪んでしまうものなんですかねぇ。持って生まれた性格ってのもあるんでしょうけど。

たまぁ~に目にする一言

怒っている時、腹立たしい時は深呼吸しなさい。そんな気持ちにはならないから。

そう、呼吸一つでどっかにいっちゃう感情なんて些細なもの。そんなんに縛られちゃあつまらないし、時間の無駄…って考えているのは、楽天的なのかなぁ~( ̄ヘ ̄)ウーン
2005/12/22(木) 07:54:58 | URL | toshi #mQop/nM.[ 編集]
りきさん、
ありがとう。
こんな風に人の命を奪うことは許せないことなんだけど
彼はそれ以前に 当たり前のことを教わってないような気がしてね。
あまりにも 環境が悪い。
2005/12/21(水) 22:29:34 | URL | shoko #-[ 編集]
山地容疑者の心の闇を推し量ることは難しいけれど、彼は幼い頃から寂しかった。愛情に飢えていたような気がします。父親も弱い人でアル中になり彼に愛情をかけてあげられなかったような気がします。母親との関係はわかりませんが、生活を支えるためにきっと毎日くたくたになるまで働いていたのではないでしょうか。母に対して甘えかたが分からない。それが反抗に暴力となってしまった・・
2005/12/21(水) 21:53:13 | URL | りき #f7K3Yko2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック