みんな大切な人です。
2010年12月09日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

先日、ある学校を訪問する機会があり、そこに展示されている
ふる~~~い懐かしのコンピューターを見ることができました。

SH370710.jpg  SH370709.jpg
昔はこんなテープリーダーを使ってデータを読み込ませてました。

Sh370711.jpg
紙テープでプログラムを読み込ませ、ROM化して動かした。
そんな時代のコンピューターです。

Sh370712.jpg
懐かしのマック!

SH370717.jpg

IBMのカードパンチシステム。
データもプログラムもキーパンチャーの方にパンチしてもらい
カードリーダーでコンピューターに読み込ませていました。
ひとつのプログラムを動かすまでにどれほど時間がかかったことか・・・。
ほんの30年ほど前の話です。

それが今じゃあ、パーソナル・コンピューターといい、一人1台。
システム全体で1Kでも大きいといわれていた時代から、
数メガが当たり前の時代に。なんとこの世界の発達スピードの速いこと・・・。
無骨なコンピューターたちに、懐かしい思い出がいっぱいです。

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
fusamiさん(*^。^*)
息子さん、機械工学なんですか。(*^。^*)
ロボットも今 すごい勢いで進化してますねぇ。

そのうち、人間は何も動かないで
ただ頭だけを使う、ETのような存在になってしまうかも。
宇宙人は未来からやってきた人間だとの説もありますものね。

2010/12/13(月) 20:13:05 | URL | sofia #-[ 編集]
あ これ情報処理科の先輩に
見せてもらったことがあります

ほんと 恐ろしいくらいのスピードで
時は流れていきますよね

うちの息子 大学で機械工学をやっており
なんか凄いロボットが開発中だそうです

めちゃ 小難しそうなことやっていて
お母さんは いつも楽しそうでいいな~と
あきれ顔です(笑)
2010/12/13(月) 09:52:13 | URL | fusami #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック