みんな大切な人です。
2010年12月21日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

今年は上の息子が大学院1回生、この秋から就職活動を始めた。
そこで見えてきた今の就活事情。

未曾有の就職難、この10月の時点で23年度新卒内定率57%。
しかし、実際はもっとひどい。
この内定率は 就職内定者÷就職希望者となっており、就職活動に
疲れて活動を一時停止してしまった学生や、留学生などは入っていない。
これらを含めた実際の内定率は40%強だと言われている。
そしてこの新卒求人をする、企業側の驕りも見えてくる。

100617_1354~019

まず、企業に応募したければ、企業セミナーに参加しなければならない。
セミナーを受けたものだけがエントリーできるのだ。

そしてWEB上でエントリーした次は、筆記試験。
それに合格したものだけが、次の集団面接、またはグループ・ディスカッション
に参加できる。それを通った後、2次の個人面接、そして最後の役員面接。
それぞれ合否の出るまでの期間は1週間から10日。
つまり最初のセミナーから最低でも5週間、下手すると2ヶ月かかる
それでも、希望の1社だけを受けて受かるならそれでもいいだろう。
実際は最低でも20社から、多い子になると80社以上エントリーする。
どれだけの時間を拘束されてしまうのか?

それだけの時間を費やし、やれ自己PRだ、志望動機だと
今のどの企業の役員だってしたこともない、必死の自己分析をさせられ
それをしないと就職もできないとなれば、勉強どころじゃない。
それを今の学生はコミュニケーション能力がない、だとか 学力が低い、だとか・・。
いったい誰が勉強時間を奪っているのか?

大学はなんのために行くところなのか?
大学4年間の間(うちの子は6年間だけど・・)最後の1年半は就職活動で、
卒論を書くのがやっとの状態。そして今の就活費用は なんと平均16万
学生にこれだけの負担を強いていいものなのか?
いくら不景気だと言っても、企業側ももっと考えるべきだろう。
経団連は青田買いを止め、就活時期をもっと遅めるべき。

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
やまださん(*^。^*)
コメントありがとうございます。^^
就職したかったら大学に行かないといけない、
私学も少子化の中で経営を維持していくためにどんな学生も受け入れる、
すると大学卒の価値が下がる・・・。
鶏が先か、卵が先か・・・という議論になってしまいます。

雇用のミスマッチを言い訳に使われますが、地場企業も今の雇用状況で
4大卒、それも理系卒だとか資格を求めたりと、ハードルを上げてきています。
介護でさえも、ヘルパー2級以上などと資格を求めます。
大企業志向、公務員志向が強いのも確かですが、それもこの景気の悪さから
将来に不安を抱いているからでしょう。

今苦しんでいる学生を責めるよりも、どうしたら現状を変えられるか
それを議論すべきだと思っています。
そして思うこと、意見があるなら、もっと政府に働きかけを!
私は、わたし達の声が国を変えていけると考えています。

2010/12/26(日) 09:57:01 | URL | sofia #-[ 編集]
feelingさん^^
コメントありがとうございます。ペコリ(o_ _)o))
う~ん・・・難解です・・・。
2010/12/26(日) 09:45:44 | URL | sofia #-[ 編集]
若者の数は減っているのに、反対に大学生の数は、1985年は185万人。2010年には288万人と100万人も増えています。猫も杓子も大学進学。AO入試や推薦入試でほぼ無試験で入る子が増えました。そんなに都会で大卒の仕事が正社員であるわけないのです。大学が増えすぎたツケが学生にきているのです。 そして、大学生たちが希望するのは都会の大企業や有名企業、人気業界。これらの採用のパイは決まっているから、当然、枠からはみ出る人が大量に出てきます。一方中小企業は採用意欲が旺盛なのです。農林水産業や介護の現場では人出不足です。徳島県などは県をあげて第一次産業助成をしています。3Kを嫌い、自分の実力アップに努力せず「70社受けました。何処も採用してくれません。」と嘆くのは、おかしいのです。 大学でて企業に正社員で就職できるのは60%だけです。この現実を周りの大人はことあるごとに強調すべきです
2010/12/25(土) 16:18:14 | URL | やまだ #-[ 編集]
feeling
日本人に関する '有ること' と '無いこと'。

感性があって、理性がない。
感想を述べるが、理想を語らない。

現実の内容はあるが、考え (非現実) の内容はない。
事実は受け入れるが、真理は受け入れない。

実学 (技術) は盛んであるが、哲学は難しい。
実社会の修復はあるが、理想社会の建設はない。

現実の世界は信頼するが、非現実の世界は信じない。
現実の内容を再現すれば、それは模倣である。
考え (非現実) の内容を実現 (現実化) すれば、それは創造である。
模倣力はあるが、創造力がない。

「今ある姿」を語るが、「あるべき姿」は語らない。
私語・小言は好むが、公言・宣言は好まない。
歌詠みは多いが、哲学者は少ない。

丸暗記・受け売りの勉強はあるが、考える力・生きる力がない。
学歴はあるが、教養はない。
序列判断はあるが、理性判断はできない。

学歴は序列判断の為にあるが、教養は理性判断の為にある。
学歴社会というのは、序列社会の言い換えにすぎない。
序列順位の低いことが恥と考えられている。サムライ社会のようなものか。
理性がなくても「恥を知れ」(Shame on you!) と叱責を受けることのない恥の文化が存在する。

民の声を代弁する議員は多いが、政治哲学はない。
総論 (目的) には賛成するが、各論 (その手段) には反対する。

理想 (非現実) は、現実に合わないと言って受け付けない。
現実の内容を根拠にして、理想を捨てる。
意見は個人個人で異なる。だが、小異を挙げて、大同を捨てる。

恣意 (私意・我儘・身勝手) が有って、意思がない。
恣意の力 (大和魂) に期待をかけるが、意思の力は認めない。
意思決定は困難を極め、多大な時間を浪費する。

「個人の意見は通らない」と言うが、個人を選出する意味が理解できていない。
意思があれば、手段がある。意思がなければ、手段はない。

この国には、何でもあるが、ただ一つ夢 (希望) がない。
この国には、現実はあるが、非現実がない。
日本語には現実構文の内容だけがある。日本語脳は、片輪走行である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


2010/12/22(水) 20:55:29 | URL | noga #sqx2p0JE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック