みんな大切な人です。
2011年02月12日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

ムバラク政権が崩壊した。
戦前戦後と100年近く世界に君臨してきたアメリカ中心主義が
崩壊し始めたような気がする。

hanaki-370357.jpg


グローバリズム=アメリカイズムは世界に貧富の差を拡大し続け
テロへの制裁との大義名分の下に争いを作り、アメリカこそ正義と
主張してきた。その裏で戦争景気で経済を立て直してきたアメリカ。
去年のトヨタ・リコールも当時から私も含め多くの人が主張してきた
ように、結局はアメリカの日本車潰しの嘘だった。

WHO、IMFなど多くの国際機関の主要メンバーに自国の要人をつけ
結局はアメリカの意向に沿った対策ばかりを取り公平さもなかった。
貧しい国はより貧しく、アメリカの意に沿った国だけが栄えてきた。

かって植民地支配を続けてきたイギリス・スペイン・フランス・・・。
その衰退と同じ道を、今アメリカも取っていくのだろうなぁ。
これからはしばらく混乱の時代が続くのかもしれない。
それでもせめて、世界が平和に移行していくよう祈りたい。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
fusamiさん(*^。^*)
ありがとうございます~。(*^_^*)
当時アメリカはGM再建を掲げて、
政府あげての、空前の自動車ブームだったんです。
自国の産業のために、世界のトップに躍り出た
トヨタ潰しを図ったと言われてましたね。

グローバル化は既に世界経済の流れとなっていますが、
これはアメリカや他の先進諸国が自国産業に有利に、
力で推し進めた結果だと思います。
いわば、経済による植民地政策だと・・・。
これに対しては世界の著名な経済学者たちが
こぞって異を唱えてきたのですが・・・もう遅いですね。

企業とはなんのためにあるのか、そもそも経済の発展とは。
その起源から改めて考え直してほしいと思う今日この頃です。
・・・とややこしいことを書いてしまいました・・・
すみません・・・・(^_^;)
2011/02/12(土) 22:55:41 | URL | sofia #-[ 編集]
私も賛成です!

米自動車メーカーの凋落と トヨタの躍進。
近づく中間選挙。 騒動をあおったのは
クルマの工場が ある選挙区の議員が多かったそうです!

サブプライムローン リーマンショックから
少しづつ世界経済が回復する中
日本だけが 出遅れている感があります

グローバル展開を進める企業も
それをささえる政府も
しっかりと 世界の空気を読まなければ
生き残っていけませんね。
2011/02/12(土) 19:06:13 | URL | fusami #z8Ev11P6[ 編集]
noriさん(*^。^*)
ありがとうございます~。(*^_^*)
恥ずかしいですが、結構 私、過激なんですよ。
アメリカにしろ、どこにしろ、人々は好きなんですけどねぇ。

アメリカの次にどこが台頭してくるのか・・・
中国やロシアなどの共産圏だけは遠慮したいです。
どちらにしても 奢れるもの久しからず・・・ですね。
時は流れていきます。
2011/02/12(土) 18:28:24 | URL | sofia #-[ 編集]
さんせい
大きな流れをズバッと捉えたキレの良い文章
写真の挿入箇所も適切で、納得しました
日常の積み重ねだなぁと・・・ホレボレ

トヨタが、4500億とも言われるリコール費用負担を決断したのも、そこまではストーリーに入っていたのでしょう
もっと先は、私にはわかりませんが

平和に移行→これは難しい、軋轢がかならず起きる
正解はわからないが祈る気持ちは同じ
2011/02/12(土) 13:11:50 | URL | nori #QygVoc82[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「リコール、半分は日本車」=米GMトップ、品質アピール  6月13日(水)6時13分配信  【ニューヨーク時事】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のアカーソン最高経営責任者(CEO
2012/06/13(水) 22:06:13 | 2ちゃんねる国際ニュースまとめ