みんな大切な人です。
2011年04月05日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

うちの辺りは、まだ桜は固い蕾。
でもそんな中、一本だけ咲いている桜の木が。

iphone110405001.jpg

私が生まれて、約半世紀。
この間に日本、いや世界はどれだけの発展を遂げたのだろう。

かってはタライに水を張って洗濯し、カマドに火を起こして食事、ホウキやハタキ、
雑巾で掃除、食材は毎日夕方にお買い物。どこに行くにもまず歩き、それから
あの臭いディーゼルのバス、電車。母親たちは自分の身を飾る余裕もなく、家事・
育児に追われ、父親たちは残業代がどうこうという余裕もなくガムシャラに働き、
子どもたちは陽が落ち、暗くなるまで外で遊んだ。

私が小学校の頃には、どの家庭にも掃除機と洗濯機、冷蔵庫そしてテレビがあって、
テレビを見すぎると目が悪くなると時間制限付で見せられたもの。
そして電話が各家庭に繋がった。

中学の頃、電子レンジを家にやってきて、その便利さに驚いた。父親が免許を取って、
車が家にやってきたのもこの頃。すべてが石油と電気のエネルギーで賄われている。

その石油は地球が何億年とかけて作られた化石燃料、あと40年もすれば掘り尽く
されるという。その代替えエネルギーとして発達したのが今回問題の原子力発電。
この原子力だって、もともとは第2次世界大戦の時に武器として開発されたもの。
その危険を承知で作られた。人間が便利さを追求するためにはエネルギーが不可欠
となっている今、原子力発電を否定しても、その上で生活をしている限り空しい。

人間の怒りや悔しさ、悲しみなどのマイナス感情をエネルギーに替えるような技術が
できたらいいのに。そしたらみんな幸せになれる。

hanaki-370568.jpg

地球という大きな自然の上で生きている、人間の進み方がどこかで間違ってしまった
のではないか、と今回の震災で考えさせられた。環境問題だとか、地域紛争だとか、
すべては所詮、人間の欲から出てきたもの。自然はその大きな力で、人間の奢りを
飲み込んでしまった。宇宙の中の地球、その上にうごめく小さな生物・人間。
それでも私たちは生きていかなければならない。そのためにどうしたらいいのだろう。

昔はエアコンなどなくて、夏の暑い夜にはベランダで夕涼みした。
あの頃までは、雪の匂いも雨の匂いも、草や土の匂いも感じていた。

ニューヨークに行ったときに一番に感じたのは懐かしさ。
町のいたるところに、かって日本にもあった匂いがあった。
人間は技術発展にかまけ過ぎて、大切なものを失ってしまった・・・。


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
hous216さん(*^。^*)
ありがとうございます~。(*´ー`*)
こんなに便利になった世の中が、今更
不便な生活に戻れるわけもないけど
便利さは人を幸せにするために、生まれたものだと
忘れてはいけないですよね^^。
だから便利さが人の心を離していったのなら
もう一度、方向を見つめなおしてもいいかもしれません。

2011/04/07(木) 21:56:52 | URL | sofia #-[ 編集]
そうやね~
昔は小さな集落にもお米屋さんとか酒屋さんとか、八百屋さんみたいな雑貨屋さんがあって、子供も多かったし・・・。
お盆とかに帰ったときは、蚊帳を吊って従兄弟達と寝るのが楽しかった。
便利はいざというとき不便なものですね。
慣れるというのは怖いものです。
不便さを求めて、山へ行きたいです・・・。
2011/04/07(木) 21:12:26 | URL | housi216 #8mI8QiRA[ 編集]
scotttsさん(*^_^*)
ありがとうございます~。(*´ー`*)
人間は便利になればなるほど、その便利になった部分が
退化してしまうのかもしれませんね。

あのETの姿は、未来の人間の姿だと言われていますね。
手も足も使わなくなり、耳も不要となり、
動かないから小食になり、口も小さくなる。
目と脳だけが異常に発達して大きくなる。
あ~やだ、あれじゃあお化粧もおしゃれもできません。(>_<)
2011/04/06(水) 21:43:14 | URL | sofia #-[ 編集]
精神的には発展、成長しているとは思えません、
退化しているのでは。
2011/04/06(水) 07:47:10 | URL | scottts #d7lQBz0o[ 編集]
でかさん(*^。^*)
うんうん、ありがとう(*´ー`*)。
でかさんたち 若い人がこれからも生きていけるように
生活を少し見直して。
人間の叡智を信じます^^。
2011/04/06(水) 00:52:04 | URL | sofia #-[ 編集]
今節電生活がそれなりに奏功しているように、
最高に便利な暮らしの二、三歩手前までは戻れそうな気もします。
震災の中に沢山の美談が生まれているように、
まだまだ人間は明るい未来を選択する正しさを持っていると、信じたいですね。
2011/04/05(火) 23:21:56 | URL | でか #-[ 編集]
noriさん(*^。^*)
ありがとうございます。(*´ー`*)
昔、神について友達と議論したことがあります。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の起源は同じなのに
なぜその教義は違ってしまったのか、とか^^。

遠藤周作さんの「沈黙」は私に神とは何かを考えさせてくれました。
運命を受け入れること、神は共に苦しむ存在だと。
考えているだけでしんどくなります・・・・。
2011/04/05(火) 22:42:56 | URL | sofia #-[ 編集]
>雪の匂いも雨の匂いも、草や土の匂いも感じていた。

ほんとうにそう
科学が発展し、大切なものを失い
見つけるの繰り返し
そんな試練を神は造り賜うたのだと思いますね
◯◯は死ななきゃなんとか

註:◯◯は◯◯ではありませんからね~^^
2011/04/05(火) 21:47:41 | URL | nori #.6PNc6u6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック