みんな大切な人です。
2011年05月05日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

久しぶりの3日間の連休。
思えば父の入院の知らせを聞いた4月8日から、仕事を増やした関係もあって
ほとんど休みのないまま、父の死、葬儀と続いて、どこか疲れが溜まっていた。
体が休まると、気持も少し整理ができてきた。

iphone110504004.jpg

4月8日、母からの知らせで父が入院したことを知った。父は2日前くらいから
調子が悪いのでちょっと病院に行ってくる、と自分の足で元気に病院に行った、
すぐに帰ってくるつもりで。しかしレントゲン検査の結果、肝臓癌だとわかった。
肝臓いっぱいに広がった癌、お医者様から、持ってあと半年と宣告された。

お医者様がもっと詳しい検査を、と言うのを、父は頑として受け付けなかった。
そこで母が呼ばれて説得された。他に転移していないか調べたいという。
母は父に簡単な検査だけだから受けて欲しいと説得し、父はしぶしぶ承知した。

しかしその内臓の検査のためにかけた下剤。数日前より食事を取れなかった父は
その下剤で体力を消耗してしまった。その結果、意識が朦朧として意識障害を
起こし始めた。母は認知症が始まったと思ったそうだ。

検査の結果は肝臓だけの癌と判明。しかしその数日の間に父は、検査による
体力の消耗と癌の痛みでかなり衰弱、そこに注入された痛み止めのモルヒネで
意識混濁状態に。その衰弱ぶりに余命3か月と修正宣告された。
それから3日後くらいの4月15日には、更に悪化し今月いっぱいと・・・。

画像 021

あわてて私が駆け付けた時、父は目を閉じ苦しそうな荒い息をしていた。
通常60の心拍数が120に上がっていた。看護婦さんの話では、癌と戦うため
心臓から通常の倍以上の血液が作られているとのこと。心臓にかなり負担が・・・。

父は足を触っても手を触ってもまったく反応がなかった。しかし私や息子が
話かけると閉じた瞼の下の目が動いた。口を開けて大きな息をしていたため口が
渇いていると思い、濡れタオルで父の顔や口元を拭くと、父は口を閉じた。

そして夜になって弟が信州から来て、父に対面したが反応はなかった。翌朝、
7時過ぎに病院からの電話。容体が急変しているから早く来てくれとのこと。
既に用意できていた私はあわてて病院にかけつけた。その時、父は目を大きく
見開いて苦しそうにあえいでいた。「お父さん、痛い?苦しい?」話しかけながら
私が頭や肩をなでると、父はわかったかのように、大きく息をして目を閉じた。
その目から一筋の涙が流れた。そして心拍数が24、12と落ち、最後に止まった。

画像 033

反応できなくても父には何もかも聞こえていた、わかっていた、そう思う。
ただ痛みとモルヒネで体を動かすことができなかったのだ、本当は応えたかった、
伝えたかったんだと・・・。

もし下剤をかけなければ、まだ意識があったかもしれない、もう少し生きていたかも
しれない。長い付き合いのお医者様、本当によくしてくださった。だからお医者様を
責めるつもりはない、けれど検査さえしなければ・・・。

人は大切な人を失うと、あの時こうしていれば大丈夫だったんじゃないか、
こうしたからダメになったんじゃないかと、できなかったことを悔やみ苦しむ。
しかし今日、夜空の星を見上げていたら、父が笑っているような気がした。

「な~にを言ってるんだ。わしはもう長くないことがわかっていた。だから準備して
 たろう?わしはお前たちに長く迷惑かけないで逝けて良かったと思ってる。だから
 もうクヨクヨするな。後はお母さんを頼むぞ。気丈なつもりでも、歳だからな。」

2011年4月19日、宇宙の片隅に星がひとつ生まれた。父は星になった。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
fusamiさん(*^。^*)
ありがとうございます。(*´ー`*)
父は人に迷惑をかけるのが大嫌いでした。
どんな時もマイペースでコツコツと努力する人でした。^^

お葬式もするなとの父の希望通りに、お坊様も呼ばずにお別れ会にしました。
父の好きだったクラシック音楽を流し、お焼香の代わりに献花を。
そして式場には父の版画を飾って皆さんに見ていただきました。
それさえも父は、余計なことをしてーと笑っている気がしました。

もう大丈夫、ゆっくり休んで落ち着きました。(*´ー`*)
2011/05/06(金) 20:19:42 | URL | sofia #-[ 編集]
sofiaさん

お父さまは ほんとに ご家族の負担になることを
一番心配されていたのでしょうね
残されたお母さま 弟さん そしてsofiaさん一家の幸せを
なによりも 優先に考えておられたような気がします
きっと天国から 見守っておられますよ
私も 父がそばで守ってくれているような・・・
そんな気がすることが 何度となくありました 
お父さまの絵を拝見していると
誠実で 正義感が強く 
とても暖かい方だったことがよくわかります
sofiaさんも お父さまの意志を受け継がれてますね
私達が 元気で頑張っていることが
何よりの親孝行かと思います
お互い 頑張りましょうね^^
2011/05/06(金) 20:03:24 | URL | fusami #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック