みんな大切な人です。
2011年09月12日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

この前の土曜日、久しぶりに映画を見た。
世界中の人々が過ごした、それぞれの“一日”を撮影し、動画を投稿、
その中から、魅力的な映像を編集して、1本のドキュメンタリー映画に
したYouTubeプロジェクト「LIFE IN A DAY 地球上のある1日の物語」。
公式サイトはこちら

 131459042510213203340_life-in-a-day-nt1.jpg

撮影日を7月24日に限定し、呼びかけに応じて投稿した素人撮影の動画。
結ばれる二人もいれば、別れる二人もいる、この日に生まれた命もあれば、
この日に失った命も。世界中の同じ時間に様々なドラマが生まれている。

文明・科学を謳歌する人々もいれば、今も月明りで暮らす人々がいる。
しかし、それは幸せの尺度にはならず、人の幸せとは愛され認められること、
物質ではなく心が満たされることが幸せなんだと、この映画を見て感じる。

 
この映画を見て エリサ&ティナ・ターナー「Teach Me Again」を思い出した。
   
 音の無い道を歩き続ける
 のどが渇き 雨を待ちわび、雨を待ちわびて
 それはどんな気持ちだろう

 一筋の陽光で目が覚める
 何か冗談を言って 知らないなら仕方ないけど
 ただ 太陽を見て生きられたら・・・

 一日で生涯を終える チョウのように
 でも違うのは 一日の命の間に
 カゴを飛び立つのを 学ぶこと

 どんなだろう 夏の香りって
 どんなだろう 走っている君の心臓の鼓動は
 どんなだろう 恐れなど知らないことって
 どんなだろう 何も思い煩わない 広い心って

img 568
今日は中秋の名月、十五夜。
この月も世界中の色んな場所・色んな思いで眺めているんだろうなぁ・・・。

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック