みんな大切な人です。
2011年11月01日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します



秋は、夕暮。夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、
三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。 (枕草子より)

「復興増税」という名目で、国民への経済的負担を求め
「年金破綻を避ける」ために年金支給年齢の引上げを画策し
「財政赤字」を解消するために消費税増税をぶちあげている。

国民に負担を求める前に、国会議員定数を減らす、報酬を減額する、
公務員改革をするなど、何かひとつでも政府は自ら身を削ることをしたのか?
年金を使い込んだ厚労省などは、誰か責任を取ったのか?
政府の無策がここまで日本経済を落ち込ませたことへ、反省はないのか?
日本の労働環境をここまでぶち壊した小泉政権や経団連の責任は?

日本の秋は美しい。
けれど日本の日没後に夜明けは来るのだろうか?

先進国と呼ばれた国々の斜陽、豊かな時代、指導力のない政府首脳たち。
世界経済の世代交代が始まっているのかもしれない・・・。


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
でかさん(*´ー`*)
ありがとうございます~。(*´ー`*)
そうなんです。私は怒ってるんです。
自民党時代からずっと言われてきた議員数削減、公務員改革、
何一つ自分たちの身は削らないで、責任も取らないで
震災にかこつけて増税につぐ増税、年金改革。

私たちは生活するために仕事をし報酬を得て、そこから税金を払ってます。
議員さんや公務員の方たちは、その私たちの税金から収入をもらい
委託されて国務に当たってんです。
民間なら失敗したら責任を取らされます。株主のためにリストラもします。
なのに彼らは何もしていない!だから本当に怒ってます。

諦めないでください~~~!
私たちが言わなければ、その次の世代はもっと大変になります。

2011/11/03(木) 21:48:46 | URL | Sofia #-[ 編集]
復興税も趣旨は分かるし消費税引き上げももう何年も前からやむなしと思ってるんですが、
それでも国のみそぎが済まなくては、
釈然としないものがありますよね。

正直僕らの世代は老後はまともに生きていけないなあと、
半分あきらめています。
2011/11/03(木) 20:12:16 | URL | でか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック