みんな大切な人です。
2012年02月05日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

かやぶきの里、美山の雪灯籠に行ってきました。
一年に一度だけ、この時期に雪の集落がライトアップされます。

日本の原風景のようなこの里。 この集落の中には商店が一軒もありません。
昔ながらの、自然と共生しているその風情を今に残していくためだと・・・。


私の母方の実家も、私が幼い頃まではかやぶき(藁葺?)屋根の農家でした。
トイレもお風呂も庭の別棟にあり、当時はまだ薪でお風呂を焚いていました。
もちろん家の中には土間があり、そこで祖母たちが煮炊きを。(*´ー`*)

しかし昔の家は手入れが大変で熱効率も悪いため、叔父たちが結婚する時に
建て直し。 今ではその面影を残すのは、家の裏手にある井戸だけです。


足の感覚もなくなるほど凍える中、里の人たちがみなで、このイベントで訪れる
観光客を迎えるために、手作り雪灯籠を作っておられました。
雪深く手がしびれるほどの寒さでしたが、ここの方たちの素朴な暖かさが灯籠の
優しい光に宿り、なんだかほんわか心が温かくなりました。


懐かしい風景、自然と調和した美しい日本の里を満喫できた一日でした。o(^-^)o
急いで作った動画も良かったら見てください^^。





関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ   
コメント
この記事へのコメント
シンシアさん(^o ^*)
いつもありがとうございます!(*´ー`*)
綺麗でしたよ。
何より灯籠の灯りが暖かかった^^。
是非、いつか訪れてみてください。
シンシアさんなら すごい写真が撮れそう~。^^
2012/02/07(火) 23:43:48 | URL | Sofia #-[ 編集]
こんにちわ~

噂では聞いておりますが一度は訪れてみたい
美山の風景、日本の原風景が残ってる美しい
ところへ雪景色とライトアップがさらに加わり
さぞ幻想的な景色が見られたなんて超羨ましい
限りです~
2012/02/07(火) 23:29:47 | URL | シンシア #tiVURSHc[ 編集]
でかさん(^o ^*)
いつも、ありがとうございます~。o(^-^)o
え、車なんてとんでもない! バスツアーで行きました^^。
寒かったですよ~。足先も感覚がなくなるほど。
でも本当に優しい景色でした。
ほっこりしますね~。(^o ^*)
2012/02/06(月) 00:34:46 | URL | Sofia #-[ 編集]
え~この寒い中よくいきましたね~
車でいかれたのなら結構雪道が大変だったんじゃないでしょうか(途中越えから山道?)
でもその甲斐あって、いい景色に出会えましたね。
アイスブルーの中に灯るあかりはとてもあたたかそうで、
見るだけでもほっこりします^^
2012/02/06(月) 00:17:44 | URL | でか #-[ 編集]
kazuさん(*^。^*)
ありがとうございます~。o(^-^)o
私も住んだことないので・・・
祖母の家がかやぶきだった時は多分、私が幼稚園くらい?
だから外のトイレが夜怖くて・・その記憶だけです。
覚えてるのは掘り炬燵^^。炭でやけどしたらしいです(>_<)
2012/02/06(月) 00:04:23 | URL | Sofia #-[ 編集]
クニ丸さん(*´ー`*)
ありがとうございます~。o(^-^)o
とても風情がある暖かい景色でしたよ。
かやぶき職人も年々減って、維持するのも大変みたいです。
でも本当に残して欲しいですね~。^^
以前から行きたくて、やっと行けました^^。
2012/02/06(月) 00:00:17 | URL | Sofia #-[ 編集]
茅葺き屋根、ボクは住んだ経験が無いのですが、どんな感じなのかな。
囲炉裏は暖かく無いという話は、母から効いたことがありますが。
傍目にはもの凄く良さそうに見えるのですけどね^^
雪灯籠も、暖かそうに見えるから不思議。。
2012/02/05(日) 21:22:54 | URL | kazu-m #mQop/nM.[ 編集]
Sofiaさん、こんばんは!
雪をかぶった茅葺き屋根に雪灯籠
九州ではなかなか観られない
いつまでも残しておきたい
日本のやさしい冬の風景ですね!
薪のお風呂や土間の台所の煮炊き
いろりを囲む家族の笑顔が目に浮かびましたよ!
素敵な一日でよかったですね!(^o^)/---☆
2012/02/05(日) 19:17:11 | URL | 無限クニ丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック