みんな大切な人です。
2008年07月24日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

I Won’t Watch The Olympics
beijing_no-tv-2-234-en.gif

中国政府及び そのオリンピック・スポンサーに抗議し
私はオリンピックを見ません。


上記サイトの訳文はこの下↓。


[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年07月02日 (水) | Edit |

画面クリックで拡大します

ブッシュは「拉致問題を決して忘れない」と言った。
「忘れない」は 別れの言葉だという花岡氏のコラムがあった。

【政論探求】「忘れない」は別れ言葉
 「忘れないというのは、男女間の別れ言葉じゃないか」。
 政治記者の大先輩からこんなメールが届いた。

 北朝鮮のテロ支援国指定解除にあたって、ブッシュ米大統領は
 「拉致問題を決して忘れない」と述べた。その意味について、人生や政治の
 機微を知り尽くした超ベテラン記者の、きわめて分かりやすい解説である。

 たしかに「キミのことは決して忘れない」というのは、男が女に言う決め台詞だ。
 女は男の不実を悟りながらも「ありがとう。あなたも元気で」などと涙ぐむ。

 こうなるともう、「ど演歌」の世界である。これを国際政治を支配する米大統領に
 演じられてしまった。日本政治は「捨てられた女」そのものということになる。

なるほど。 ならば 嫌でも忘れられないようにしましょう。

【拉致被害者家族会 増元照明氏のサイト】


top_mainbg_p.jpg
【政府・拉致問題対策本部】


ブッシュ大統領にメールを!

アドレス: comments@whitehouse.gov
 【タイトル】
 Do not forget an abductee.
(拉致問題を忘れないで)

 【メール文】
 Dear President George W. Bush,

 We object to your country excluding North Korea
 from a list of terrorism support countries.
(我々、日本国民は北朝鮮を『テロ支援国家リスト』から外すことに反対します。)

 Sincerely, 【署名】

一刻も早く、拉致被害者の方たちが帰国できますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年05月31日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

anker.jpg

日本人には馴染みが薄いが、スイスでは最も人気を誇る画家
アルベルト・アンカー(1831年生〜1910年没)。
詳しくは swissinfo.chへ。

とても暖かい絵です。キレイ。
私の好きなのは このポスターになっている「髪を編む少女」、
「おじいさんと二人の子供」「少女と2匹の猫」など。

アンカー展 ~故郷スイスの村のぬくもり~
6月22日まで JR京都伊勢丹の7F美術館「駅」にて開催中。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年05月29日 (木) | Edit |

画面クリックで拡大します

アフリカ子供白書 ユニセフ

 国連児童基金(ユニセフ)は28日、横浜市で開かれたアフリカ開発会議会場で、
 アフリカの子供たちをめぐる現状をまとめた「アフリカ子供白書2008」を公表した。
 アフリカ版発行は初の試み。 ユニセフのベネマン事務局長は
 「世界中で毎年、約1000万人の子供が5歳の誕生日前に亡くなっているが、
 そのうち半分の約500万人がアフリカの子供たちだ。地域の保健システムが
 機能すれば、これらの子供たちの死は防げる」などと訴えた。

 報告書によると、サハラ砂漠以南のアフリカの5歳未満児死亡率は1970年から
 2006年の36年間で約3分の1に減少した。

アフリカ子ども白書(2008) PDFファイル、ダウンロードできます。

       


[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年05月18日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

5月12日、中国の四川で起きた 未曾有の大地震。
あまりの大惨事に 中国非難を強めていた各国も 黙るしかなくなった。
チベット大虐殺は非難されるべきこと、だが 今は5万にも上るといわれる
地震被災者たちを救うことに全力を注がなければならない。

そして 中国政府の戦略的外交なのか、援助隊の第一陣に日本が選ばれた。
それを皮切りにシンガポール、韓国と他国の支援も受け入れるようになった。

これらをどう考えるか、どう受け取るかは 人それぞれだろうが
ただ 今は人道的支援を最優先すべきだろうと思う。
そこで人が苦しんでいるのに その人たちの国の施政が悪い、と
揚げ足を取って非難していても意味はない。
そんなことをしても命のひとつさえ 救うことも出来ないのだから。

       


[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年05月13日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します



ミャンマーのサイクロン被害。
ユニセフの募金サイト
日本赤十字の募金サイト

国連人道問題調整事務所(OCHA)より
 死者・行方不明者が計32万人。
 うち死者は最大約10万2千人、行方不明者は22万人。
 家を失うなどの被災者は最大192万人と推計。


   ◆ ◆ ◆ 



中国の地震被害。
日本赤十字による募金サイト
 IZA!「中国・四川大地震」特集より
 死者数5万人超。
 生き埋めになった人は2万4,000人
 負傷者は2万6,200人。
 損壊した家屋が346万戸にのぼる。


一応紹介します、が どちらもお国柄 これらの寄付が
きちんと市民に届くのか、疑問です。

ミャンマー・中国、これらの政府は嫌いです。
彼ら軍事政権、もしくは共産政権を助けることになるのなら 援助はしません。
しかしこのような大災害が起きた場合 一番苦しむのはそこに住む人々です。
キチンと被害国民に届くのなら 私たちはわずかでも援助したい。

気持ちは伝えたいと思います。
被害にあわれた皆様 心からお見舞い申し上げます。




ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年04月29日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

本来なら平和の象徴である聖火リレー、
だが言うまでも無く今回の聖火護送は異常。

★是非下記をクリックしご参加ください★
北京オリンピック署名アクション アムネスティ・インターナショナル日本

「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担
 北京五輪の聖火リレーへの妨害を防ぐため、各地の中国大使館側が
 旅費を負担するなどして、現地の中国人留学生らを大量動員していたことが
 関係者の話でわかった。「人間の壁」による妨害対策を指示するなど、
 対処マニュアルも作成。各地で赤い中国国旗を振っていた「聖火応援隊」は、
 やはり当局主導だった。

 長野市を走った26日の聖火リレーでは、約5千人の中国人留学生らが
 日本各地から集まった。東京から参加した複数の留学生によると、前日から
 夜行バスで向かい、1人2千円の交通費を負担したが、残りの費用は、
 すべて大使館側が負担してくれたという。

オーストラリアでは1万人以上が、アルゼンチンのブエノスアイレスでも数千人の
留学生らが動員された。リレーが通過しなかったカナダやニュージーランドでも、
現地中国人による大規模な「北京五輪支持集会」が開かれているという。
更に聖火リレーを応援する際の 行動指南書まで作っていたという。

やっぱりなあ、と言う感じだが
しかし、そこまでするか?


[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年04月18日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

世界的な食糧危機を迎えつつある今 日本では6,433万トンが供給されて、
その約4分の1である1,651万トンが捨てられている。
この食糧廃棄量は 世界の食料援助総量1000万トンの1.6倍
(2004年 FAO国連食糧農業機関)

食糧高騰、各地で政情不安 世銀警告 IZA!
 記録的な食料価格高騰に不満が爆発した民衆の暴動が世界に広がっている。
 中米ハイチでは首相解任の事態に発展した。世界銀行はアフリカなどの
 途上国や最貧国で 飢餓や政情不安が今後も拡大すると警告。
 米国発の金融危機を受けた利下げや、バイオ燃料ブームがこの食料インフレに
 拍車をかけており、沈静化に決め手はないのが実情だ。

世界の食糧高騰止まらない IMF「世界33カ国混乱の危機」 IZA!
 記録的な食料価格高騰に不満を爆発させる民衆の暴動が世界に広がっている。
 中南米カリブ海のハイチでは今年に入り、コメや豆類、食料油の日用食料品が
 高騰。これに抗議する民衆のデモが首都ポルトープランスなどで警察隊と衝突し、
 12日には国連ハイチ安定化派遣団のナイジェリア出身警察官が殺害された。


       


[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年04月11日 (金) | Edit |

画面クリックで拡大します

以前 紹介した 世界新聞協会の「Free the Press China」キャンペーン。
日本のどの新聞も 出して下さらないので ここでUPします。

※写真をクリックすると キャンペーン・ポスター(PDF)が DLできます。
【World Association of Newspapers】
boykott1.jpg boykott3.jpg

boykott2.jpg


人権問題に踏み込んだ?IOC会長発言で波紋

[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ   
2008年03月29日 (土) | Edit |

画面クリックで拡大します

北京オリンピック「The Genocide Olympics」への不参加表明が相次いでいる。


独首相も開会式不参加 北京五輪
 ドイツのシュタインマイヤー外相は28日、欧州連合(EU)非公式外相会合の開催地、
 スロベニアの首都リュブリャナ近郊で記者団に対し、メルケル独首相と外相自身が
 北京五輪の開会式に参加しない意向を明らかにした。2人の訪中はそもそも
 予定されていないと強調したが、ポーランドとチェコ、エストニアの3カ国首脳が
 中国・チベット問題を受けて開会式のボイコットを決める中、加盟国に影響を与えそうだ。


これまでの正式な不参加表明は下記のとおり。
英国チャールズ英皇太子、ポーランドのトゥスク首相、チェコのクラウス大統領
エストニアのイルベス大統領、スロベキアのガシュパロヴィッチ大統領 、
アイルランド外相、芸術顧問のスティーヴン・スピルバーグ、
エチオピアの男子マラソンの世界記録保持者、ハイレ・ゲブレシラシエ。

そして更に現在 欧州議会のペテリング議長、フランスのサルコジ大統領、
その他 欧州の選手団などが不参加を匂わせている。

        

[続きを読む...]
ブログランキング・にほんブログ村へ