みんな大切な人です。
2017年09月26日 (火) | Edit |

画面クリックで拡大します

鳳凰三山で一番有名なのが、地蔵ヶ岳のオベリスク。


やっぱり格好良いです!間近で見れてホレボレしてしまいました。


山小屋の朝食は6時、その段階では、まだ雨が降っていました。
それから徐々に雨は小降りになり、6時半ごろにはほぼ霧雨に。

出発です。今日は三山を巡って、白鳳峠から広河原に降りる予定。
この白鳳峠がかなりアスレチックな場所らしく、雨の後は要注意と
山小屋のお兄さんから厳重注意を受けました。昨日も女性が一人、
滑落し足を骨折したとか…。大丈夫かな。


薬師岳小屋は薬師岳直下にあるため、約10分で山頂に到着。
ガスで真っ白、何も見えません。


ナナカマドが色付いてます。


観音岳までは、薬師岳から小一時間、途中雲が切れ景色が広がりました。
うわ~綺麗!これから晴れるかな?
しかし残念、鳳凰三山最高峰の観音岳は真っ白なガスの中です。


観音岳から地蔵ヶ岳までの道が実にわかりにくい。途中何度も道を
見失いました。道しるべが所々消えている上に、登山道がハイマツに
覆われ、わからなくなっていました。かなり体力を消耗。


本来なら小屋から2時間半もあれば到着の予定でしたが、地蔵ヶ岳に
9時半過ぎに到着。道迷いのせいで、30分以上オーバーです。


地蔵ヶ岳は古くから信仰の山で、子宝を願ったお地蔵様がたくさん
祀られています。


せっかくここまで来たのだから、登れるところまで登りたい、オベリスク
下まで岩登り。またまた予定時間超過。これが後々響きます。


結局、地蔵ヶ岳を10時半過ぎに出発、ここからがきつかった~。
アカヌケ沢の頭から高嶺2779mまで登り、ここからが崖下りです。
本当に、切り立った岩場を急降下し、それが終わると今度は
ゴロゴロ岩のガレ場が延々と続きます。


高嶺から白鳳峠まで約2時間、今度は湿った岩と木の根っこで滑る滑る、
それに加えて連続する鉄梯子、鎖場、腐った木梯子。どんだけ続くの?
というくらい長い長い谷道です。


最期は膝はガクガク、数回転び、足にも手にもあざと傷が…。
フラフラになりながら、15時半に広河原に到着。小屋を出てから
なんと8時間半もかかってしまいました。

白鳳峠は本当にきつかった。滑って滑落しなかっただけマシかな。
無事に下山でき、その後、金山沢温泉で汗を洗い流して帰宅しました。
あ~疲れた。もう白鳳峠は二度と通らないぞ~!



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年09月25日 (月) | Edit |

画面クリックで拡大します

南御室小屋から更に1時間半、やっと薬師岳が見えてきました。


ここまでずっと樹林帯の中ばかりだったので、ぱあっと広がる
景色には感動です。


鳳凰三山は、地蔵ヶ岳2764m、観音岳2841m、薬師岳2780mの3つを
指します。どの山も、花崗岩でできた白い山肌が美しい山です。


高山植物の少ない山ですが、それでもこんな秋の花が咲いています。


草紅葉も始まっていますね。


ヘロヘロになりながら、やっと本日の宿に到着です。


薬師岳小屋は、今年の8月にリニューアルオープンしたばかりです。
木の香りがする、真新しい宿。何より2階の宿泊施設が素晴らしい。

各寝所には真新しい畳が敷かれ、プライバシーを守れるカーテンが
個別に設置されています。大混雑の場合は、これも難しいのかも
知れませんが、今回は私は個室をゲット!これで水場さえあったら
最高なのにな~。

宿の到着を見計らったように、雨が降り出しました。
明日は三山を巡る予定なのに、大丈夫かな。心配しながらも疲れて
早目の寝てしまいました。夜中に目覚めたら、まだ雨です…。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年09月24日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

今年の夏は、山行をセーブしていたので、そろそろ限界。


ぼちぼち、お山は紅葉してるかな?と、以前よりチャレンジしたかった
南アルプス鳳凰三山に行ってきました。


今回は夜叉神峠から鳳凰三山を巡って広河原に降りるロングコース。
そこで、いつもどおり夜叉神峠駐車場で車中泊。夜中1時頃に到着した
のですが既に駐車場は半分以上埋まっています。すごいですね~。


朝5時前から、既に周りの人は動き始めています。もうちょっと寝てから…
次に起きたら7時前!やば!慌てて用意して、結局7時半に出発です。


ちなみに、夜叉神峠の名前の由来は、昔大雨を降らせたり干ばつを
引き起こすなどする荒々しい巨大な夜叉が住んでいて、その被害に
困った土地の人々が夜叉を鎮めるために、この峠に祠を立てたこと
から、だそうです。


夜叉神登山口は標高1380m、そこから約1時間で夜叉神峠に到着。
夜叉神峠の標高は1770m、本来なら白根三山が見えるはずですが…。
頭が雲に隠れてしまっています。残念。


そして、ここからが長かった~。
まず大崖頭山を経由して約2時間で辻立峠に。そこから更に何度か
登ったり降りたりしながら苺平まで2時間です。


途中、下山してくる人から、今朝熊に遭遇したとの話を聞き、慌てて
ザックに仕舞っておいた熊除け鈴を装着。怖いですものね。


苺平は標高2520m、随分可愛らしい名前ですよね。でもこの名前は
ヘビイチゴが群生していることから付いたそうです。


まだかな~、かなりバテて来ました。山の上の方はうっすら紅葉が
始まっています。


苺平から約30分で南御室小屋に到着。ここで遅めのお昼。
南御室小屋は標高2420m、苺平から100mも下っちゃったんです。

本日の宿・薬師岳小屋は標高2720m、ここからまた300m登らなきゃ
ならない。更に薬師岳小屋には水場が無いので、ここで翌日分の
水も汲んでおかなくっちゃ…。かなり足が重くなってきました。





ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年09月17日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

毎朝、通勤途中で見かける白い彼岸花。


そろそろ秋の気配。そんな季節になったんですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ   
2017年09月10日 (日) | Edit |

画面クリックで拡大します

昨日は、友達と数十年ぶりに、母校の文化祭を訪れました。
その帰りに、初めて食べたタカノフルーツパーラーのロイヤルパフェ。


通常の4倍以上ありそう、あまりの大きさにびっくり!
それでも友達5人で、おしゃべりしながら全員で完食。美味しかったです。


久しぶりに学校への道をたどりながら、みんなで思い出話に花開きます。


「私たちの頃には学食に、こんなメニューなかったよね」
「こんな建物あったっけ?」「ここで、誰誰がこんなことしてた・・・」

私はほとんど覚えていなかったのですが、みんなよく覚えていて、
久しぶりに楽しい時間を過ごしました。



ブログランキング・にほんブログ村へ